介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

介護福祉士とケアマネ試験は、1年に1回。そのチャンスを逃さないために独学で一発合格した私(oyakodako)が「試験合格のための勉強方法」をお伝えします。

ケアマネ試験 一発合格ノート公開

ケアマネ試験一発合格ノート「在宅での医療管理とは?」

投稿日:2017年7月10日 更新日:

The following two tabs change content below.
介護福祉士・社会福祉士・ケアマネ試験に一発合格した私(oyakodako)が試験合格への必勝法をお教えします!

保健医療サービス分野

在宅での医療管理

在宅自己注射

糖尿病患者のインスリン製剤の自己注射
血糖の自己測定、適正にコントロールする必要がある。
食事摂取量の低下による低血糖を生じることが多い。
血糖コントロール不良による高血糖による昏睡もあり得る。

悪性腫瘍疼痛管理

在宅悪性腫瘍疼痛管理法は、診療報酬上、認められている方法である。
ただし、正しくは末期の悪性腫瘍の患者であって、持続性の疼痛であり、鎮痛剤の経口投与では疼痛がコントロールできない場合には、注射による鎮痛剤投与が必要なものと定義されている。

人工透析

人工透析には、血液透析と腹膜透析がある。
血液透析を行う場合、週3回程度の定期的な通院が必要となる。
糖尿病性腎症は、介護保険の特定疾病の一つに指定されている。

在宅酸素療法(HOT)

在宅酸素療法は、高度慢性呼吸不全やチアノーゼ型先天性疾患、肺高血圧症で在宅で酸素投与が必要な患者に行う。
慢性閉塞性肺疾患が最も多く、なかでも肺気腫が多いとされている。
HOTの導入により飛躍的に慢性呼吸不全の患者のQOLが向上し、生命予後も改善された。
在宅酸素療法では、酸素中毒、無気肺、低酸素症、二酸化炭素中毒および上気道感染等の合併症の発生に注意する。

在宅中心静脈栄養療法

経口あるいは経腸摂取できない患者に、水分、電解質、糖質やたんぱく質や資質やビタミンを含む高カロリー液を輸液する方法。
カテーテルを用いた体外式と、ポート型の完全皮下埋め込み式がある。
無菌操作の必要性と概念とを十分に理解できることが必須。

在宅成分栄養経管栄養療法

経管栄養法の導入に際しては、可能な限り経口摂取を続けることが条件であり、とうしても食事摂取量が確保できない場合や嚥下障害が重症の場合に行う。
経鼻・経腸、胃瘻または食道ろうからの経管栄養法がある。

胃瘻造設術(PEG)

高齢者が経口摂取が十分にできない時に行われる。
胃と腹部表面を通過し、栄養を注入する管を通す(内視鏡式)。
適応は、嚥下障害や意識障害のある患者である。

在宅人工呼吸療法

長期にわたり持続的に人工呼吸器に依存せざるを得ず、かつ、安定した病状にある者について在宅において実施する方法。(必要な器具は、患者へ貸与することとなっている)
筋萎縮性側索硬化症、慢性呼吸疾患、パーキンソン病などの神経難病や長期の意識障害、重度の脳梗塞後遺症の患者に使用される。

ネブライザー

ジェット式ネブライザー:気管支拡張症、慢性気管支炎等の喀痰の多い場合に、気道の湿潤化、喀痰の融解を目的として用いられる。
超音波ネブライザー:ジェット式よrも小さな粒子が発生するために、細気管支や肺胞に沈着する可能性が高まる。

在宅自己導尿と留置カテーテル

神経因性膀胱や前立腺肥大症、前立腺がん、膀胱頸部硬化症、尿道狭窄などに適応する。
自然排尿に障害がある場合、導尿または人口膀胱(尿路ストバー)が行われる。
カテーテルを留置する場合、感染症のリスクは高まる。

気管切開

気管切開は、気管内挿管した後、長期になった場合に頸部正中を切開し、人工呼吸器のチューブを挿入するために行われる。
切開口は毎日消毒し、気管カニューレは週1回程度交換する(医師が行う)。
吸引は無菌操作で行う。
室内の湿度の調節を行い、空気を乾燥させない。

在宅での医療管理 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

インスリンの自己注射を行っている場合には、食事摂取量の低下による低血糖に留意する。

末期がんの患者の疼痛緩和を行う場合には、麻薬による疼痛管理が行われる。

血液透析をしている人の食事管理は、たんぱく質、塩分、水分、カロリーの制限がある。

在宅酸素療法が適用される疾患としては、慢性閉塞性肺疾患が最も多く、なかでも肺気腫が多いとされている。

在宅酸素療法を実施している場合は、酸素供給装置は火気から2mは離さなければならないため、禁煙を徹底することも重要である。

在宅酸素療法によって、在宅生活及び外出も可能となり、飛躍的なQOLの向上が望めるようになった。

嚥下障害等により食事の経口摂取ができない状態でも、在宅のおける在宅中心静脈栄養療法などが可能である。

胃瘻造設後のトラブルに、事故抜去(自己抜去、脱落、自然抜去)がある。

胃瘻を造設していても、経口摂取をすることは可能であり、並行して行うことができる。

在宅人工呼吸療法は、主として神経難病や長期の意識障害をもつものに利用される。

膀胱カテーテルの高官は、基本的には医師が行う。

気管内吸引は、無菌操作で行う必要がある。

気管カニューレは、医師によって交換する。

カフエアーは、毎日交換する。

室内の湿度の調整を行い、乾燥しないようにする。

スポンサーリンク



-ケアマネ試験 一発合格ノート公開

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケアマネ試験一発合格ノート「住所地特例とは?」

目次0.0.0.1 oyakodako0.0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 介護保険制度1.1 住所地特例1.1.0.1 住所地特例 過去問1.2 住所地特例 過去問まと …

ケアマネ試験一発合格ノート「高齢者に多い疾患/神経内科とは?」

目次0.0.0.1 oyakodako0.0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 高齢者に多くみられる疾患1.1 神経内科1.1.0.1 脳血管障害1.1.0.2 パーキンソン …

ケアマネ試験一発合格ノート「居宅介護支援の制度とは?」

目次0.0.0.1 oyakodako0.0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 介護支援分野1.1 居宅介護支援の制度1.1.0.1 人員基準1.1.0.2 サービスに関する …

ケアマネ試験一発合格ノート「高齢者に多い疾病/感覚器障害とは?」

目次0.0.0.1 oyakodako0.0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 高齢者に多い疾病1.1 感覚器障害1.1.0.1 視力1.1.0.2 聴力1.1.0.3 味覚 …

ケアマネ試験一発合格ノート「事業者および施設とは?」

目次0.0.0.1 oyakodako0.0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 事業者および施設1.1 指定居宅サービス事業者1.1.0.1 指定1.1.0.2 指定の更新1 …

介護福祉士 第30回受験者のコミュニティ参加希望の方は、下記URLからサイボウズへ!

https://goo.gl/JNEcXh

語句を入力して検索してください。ケアマネ試験・介護福祉士試験の記事をブログ内で検索できます。

このブログをメールで購読

あなたのメールアドレスを入力して「登録」ボタンを押してください。
ブログが更新された時にメールでご連絡します。

4,962人の購読者に加わりましょう

よく読まれている記事(24時間以内)

よく読まれている記事(24時間以内)

管理人おススメの参考書&過去問題集

スポンサーリンク