介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

介護福祉士とケアマネ試験は、1年に1回。そのチャンスを逃さないために独学で一発合格した私(oyakodako)が「試験合格のための勉強方法」をお伝えします。

介護福祉士試験 発達と老化の理解

介護福祉士の資格と受験対策は過去問から!「発達と老化の理解」第29回

投稿日:

The following two tabs change content below.
介護福祉士・社会福祉士・ケアマネ試験に一発合格した私(oyakodako)が試験合格への必勝法をお教えします!

介護福祉士の資格を取るためには、国家試験を受験して合格しなければなりません。あなたが一番悩むのが「筆記試験」だと思います。そこで介護福祉士の受験対策の一つの手段、「過去問」を使っての勉強方法を科目ごとにお伝えしましょう。

介護福祉士国家試験とは?

毎年1月の日曜日に「介護福祉士国家試験(筆記試験)」が実施されます。筆記試験の科目は以下の通りです。

人間の尊厳と自立
人間関係とコミュニケーション
社会の理解
介護の基本
コミュニケーション技術
生活支援技術
介護過程
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみ
医療的ケア
総合問題

<筆記試験の合格基準(第29回(平成28年度))>
次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。
ア 総得点125点に対し、得点75点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。
イ アを満たした者のうち、以下の「11科目群」すべてにおいて得点があった者。
①人間の尊厳と自立、介護の基本
②人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
③社会の理解
④生活支援技術
⑤介護過程
⑥発達と老化の理解
⑦認知症の理解 ⑧障害の理解
⑨こころとからだのしくみ
⑩医療的ケア
⑪総合問題

介護福祉士受験対策は?

毎年10万人を超える受験者がいる中、合格率が50%前後とそれほど難しい試験ではありません。過去問を中心に勉強することを推奨している人が多くいます。そこで、試験年度ごと、科目ごとに過去問を勉強するための情報を提供します。

第29回 発達と老化の理解

「発達と老化の理解」については、

「人間の成長と発達の基礎的理解」
「老年期の発達と成熟」
「老化に伴うこころとからだの変化と日常生活」
「高齢者と健康」より8問出題されます。

出題基準

1:人間の成長と発達の基礎的理解
     1)人間の成長と発達
2:老年期の発達と成熟
     1)老年期の定義
     2)老年期の発達課題
3:老化に伴うこころとからだの変化と日常生活
     1)老化に伴う心身の変化の特徴
     2)老化に伴う心身の機能の変化と日常生活への影響
     3)高齢者の心理
4:高齢者と健康
     1)高齢者の疾病と生活上の留意点
     2)高齢者に多い病気とその日常生活上の留意点

問題69 発達段階説

エリクソンの発達段階説において,青年期の発達課題として,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 生殖性の獲得
2 信頼感の獲得
3 同一性の獲得
4 自発性の獲得
5 親密性の獲得

問題70 年齢規定

年齢規定に関する次の記述のうち,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 老人福祉法では,原則として 70 歳以上の者を施策の対象としている。
2 介護保険法では,50 歳から第 2 号被保険者になる。
3 高齢者の医療の確保に関する法律の後期高齢者医療制度は,60 歳以上の者を対象としている。
4 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律では,事業主に,雇用している高年齢者が希望するときは,75 歳まで継続雇用することを義務づけている。
5 道路交通法では,運転免許証の更新を受けようとする 75 歳以上の者に,認知機能検査を義務づけている。

問題71 薬物代謝

高齢者の薬物代謝に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 消化管からの薬剤の吸収力は低下する。
2 肝臓での薬剤の代謝に要する時間が短縮する。
3 腎臓からの薬物排泄量は増加する。
4 脂溶性薬剤の蓄積は起こりにくくなる。
5 複数の薬剤間の相互作用が起こりやすい。

問題72 老化に伴う知的機能の変

老化に伴う知的機能の変化に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 目から入る感覚記憶は低下しやすい。
2 からだで覚えた手続き記憶は忘れにくい。
3 昨日の出来事などのエピソード記憶は忘れにくい。
4 計算などの流動性知能は低下しにくい。
5 経験や学習で得られた結晶性知能は低下しやすい。

問題73 高齢者の心理

加齢に伴う身体機能の低下を感じている高齢者の心理に関する次の記述のうち,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 身体機能の低下に対する不安や悲しみを,自分が経験しているのではなく,友人のことだと考えることで心理的安定を図ろうとすることを,抑圧という。
2 受け身的で,子どものように振る舞うことで心理的安定を図ろうとすることを,投影という。
3 身体機能の低下の代わりに,認知的な活動での優越感を持つことで心理的安定を図ろうとすることを,補償という。
4 身体機能を使う場面を避けて,ひきこもることで心理的安定を図ろうとすることを,退行という。
5 身体機能の低下に対する不安や悲しみを,無意識的に抑えることで心理的に安定を図ろうとすることを,逃避という。

問題74 甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症の症状として,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 浮腫
2 下痢
3 動悸
4 いらいら感
5 手の震え

問題75 めまいとその症状

めまいとその症状に関する次の記述のうち,適切なものを 1 つ選びなさい。

1 メニエール病(Ménière disease)では,立ちくらみが起こる。
2 良性発作性頭位めまい症(benign paroxysmal positional vertigo)では,回転感がある。
3 低血圧によるめまいは,耳鳴りを伴う。
4 不整脈によるめまいは,頭痛を伴う。
5 脳伷塞では,めまいは起こらない。

問題76 糖尿病者への対応

Aさん(79 歳,女性)は,介護老人福祉施設で生活している。糖尿病インスリン治療が必要で, 1 日に一度,昼食後に自己注射をしていて,併せて毎食直前に血糖を下げる薬を内服している。医師からは血糖のコントロール状態は良好であると言われている。ある日,Aさんの医療機関の受診が長びいた。B介護福祉職がAさんに遅めの昼食をとってもらう準備をしていると,Aさんが「頭がふらふらする」と訴えた。冷や汗もかいているようである。
B介護福祉職によるAさんへの対応として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 昼食をとらずに,すぐにベッドで休んでもらう。
2 昼食前の内服薬をすぐに飲んでもらう。
3 すぐに看護師に血糖を測定してもらう。
4 すぐにインスリンを自己注射してもらう。
5 様子を見る。

正答

問題69 3
問題70 5
問題71 5
問題72 2
問題73 3
問題74 1
問題75 2
問題76 3

「 介護福祉士試験 過去問 第29回(平成28年)」 一覧

介護福祉士 独学で一発合格勉強方法第28回過去問69~76「発達と老化の理解」無料解説

スポンサーリンク



-介護福祉士試験 発達と老化の理解

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

介護福祉士 独学で一発合格勉強方法第28回過去問69~76「発達と老化の理解」無料解説

目次0.0.1 oyakodako0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 第28回 発達と老化の理解1.0.1 問題69 発達段階説1.0.2 問題70 発達段階説1.0.3 …

介護福祉士 一発合格独学勉強方法「発達と老化の理解」第30回(平成29年度)

目次0.0.1 oyakodako0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 独学で一発合格する方法2 出題基準3 過去問3.0.1 第29回(平成28年度) 合格基準及び正答3. …

介護福祉士 第30回受験者のコミュニティ参加希望の方は、下記URLからサイボウズへ!

https://goo.gl/JNEcXh

語句を入力して検索してください。ケアマネ試験・介護福祉士試験の記事をブログ内で検索できます。

このブログをメールで購読

あなたのメールアドレスを入力して「登録」ボタンを押してください。
ブログが更新された時にメールでご連絡します。

4,962人の購読者に加わりましょう

よく読まれている記事(24時間以内)

よく読まれている記事(24時間以内)

管理人おススメの参考書&過去問題集

スポンサーリンク