介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

介護福祉士とケアマネ試験は、1年に1回。そのチャンスを逃さないために独学で一発合格した私(oyakodako)が「試験合格のための勉強方法」をお伝えします。

ケアマネ過去問 介護支援分野

介護支援分野 26-問16-答16  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集

投稿日:2017年7月1日 更新日:


スポンサーリンク

第17回 介護支援分野 問16

第17回 問16

要介護認定について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護認定審査会は、複数の市町村で共同設置することができる。
2 主治医意見書の項目には、医学的管理の必要性が含まれる。
3 介護認定審査会は、必要があるときは、主治医の意見を聴くことができる。
4 介護認定審査会は、認定に際してサービスの種類の指定権限を持つ。
5 認定されなかった場合には、被保険者証は返還されない。

スポンサーリンク



単語

要介護認定
介護認定審査会
主治医意見書
主治医の意見
医学的管理の必要性
被保険者証

ポイント:要介護認定

正答

正解は…1・2・3

1 〇 介護認定審査会は、原則として各市町村に設置されるものであるが、複数の市町村で共同設置することができる。
2 〇 主治医意見書の「生活機能とサービスに関する意見」に医学的管理の必要性についての項目が含まれる。
3 〇 介護認定審査会は、審査・判定にあたり必要と認められる場合には、被保険者やその家族、主治医、その他関係者の意見を聴くことができる。
4 ✖ サービスの種類の指定権限を有するのは、介護認定審査会ではなく市町村である。
5 ✖ 市町村は、申請のあった被保険者が要介護者に該当しないと認めた場合には、その理由を付して通知するとともに、被保険者証を被保険者に返付することとされている。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

-ケアマネ過去問 介護支援分野

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題23」

スポンサーリンク ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」 平成27年問題23 モニタリング 居宅サービス計画の実施状況の把握(以下「モニタリング」という。)について正 …

ケアマネ試験2017年度 介護支援分野第16問「課題分析標準項目」

目次1 ケアマネ試験2017年度 介護支援分野1.1 第16問1.2 課題分析標準項目1.3 終わりに スポンサーリンク ケアマネ試験2017年度 介護支援分野 第16問 居宅サービス計画原案の作成に …

ケアマネ試験2018(平成30)年度 介護支援分野第15問

スポンサーリンク 問題15  介護保険法で定める国民健康保険団体連合会が行う業務として正しいものはどれか。3つ選べ。1 第1号被保険者の保険料の特別徴収事務 2 居宅サービス計画費の請求に関 …

ケアマネ試験 独学で合格するための介護支援分野第18回過去問-18

目次1 平成27年度(第18回) 介護支援分野1.1 問181.2 解答1.3 参考 スポンサーリンク 平成27年度(第18回) 介護支援分野 問18 要介護認定における主治医意見書の項目として正しい …

ケアマネ試験2018(平成30)年度 介護支援分野第12問

スポンサーリンク 問題 12 財政安定化基金について正しいものはどれか。3つ選べ。 1 財源の負担割合は、国2分の1、都道府県4分の1、市町村4分の1である。2 基金事業交付金の交付は、介護保険事業計 …

ケアマネ試験 平成30年度(第21回)試験問題[PDF版]無料プレゼント

平成30年10月の第21回試験問題
第1問~第60問(全60問)収録(PDF)

ご希望の方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法
   


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー




Twitter でフォロー

follow us in feedly

語句を入力して検索してください。ケアマネ試験・介護福祉士試験の記事をブログ内で検索できます。

このブログをメールで購読

あなたのメールアドレスを入力して「登録」ボタンを押してください。
ブログが更新された時にメールでご連絡します。

2,148人の購読者に加わりましょう

よく読まれている記事(24時間以内)

よく読まれている記事(24時間以内)

管理人おススメの参考書&過去問題集

カテゴリー


アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。