介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

介護福祉士とケアマネ試験は、1年に1回。そのチャンスを逃さないために独学で一発合格した私(oyakodako)が「試験合格のための勉強方法」をお伝えします。

ケアマネ過去問 保健医療分野

ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-41

投稿日:2017年6月5日 更新日:


スポンサーリンク

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(総合)

問41

バイタルサインについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 低体温は、環境要因に加えて、低栄養や甲状腺機能低下症、
薬剤による体温調節機能不全で起きる。
2 悪性症候群は、パーキンソン病薬の内服を開始したときに出現する。
3 頻呼吸は、発熱や心不全、呼吸器疾患でみられ、
徐呼吸は、糖尿病性ケトアシドーシスや脳卒中による昏睡でみられる。
4 毎分50分未満の脈拍は高齢者ではよくみられるため、
医療職に報告する必要はない。
5 急に立ち上がったときに、ふらつきやめまいがみられる場合には、
起立性低血圧を考える。

解答

正解は…1・3・5
1 〇
2 ✖ 悪性症候群は、パーキンソン病の治療薬を長期間服用している人が、
急に服薬を中止した場合に生じる。
3 〇 頻呼吸とは1分間に25回以上の場合をいい、
徐呼吸とは1分間に9回以下の場合をいう。
4 ✖ 1分間に60回未満の徐脈では、甲状腺機能低下症や低体温症、
脳障害による脳圧亢進なども考えられるため、
医療職に報告する必要がある。
5 〇 長期臥床後に急に立ち上がったときに起立性低血圧を生じやすい。

参考

単語

バイタルサイン
低体温
低栄養
甲状腺機能低下症
体温調節機能不全
悪性症候群
パーキンソン病
昏睡
起立性低血圧

問42へ

スポンサーリンク

-ケアマネ過去問 保健医療分野

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケアマネ試験 出題範囲新科目「介護医療院」と削除科目について

目次1 介護医療院とは?1.0.1 介護医療院の概要1.0.2 介護医療院のイメージ1.0.3 介護医療院の人員配置1.0.4 介護医療院の施設設備2 終わりに スポンサーリンク ケアマネ試験の出題範 …

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題34」

スポンサーリンク ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「保険医療分野」 平成27年問題34 終末期ケア 終末期のケアについて,より適切なものはどれか。3つ選べ。 1 呼吸困難や疼痛 …

平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題保健医療サービス分野~問題45

スポンサーリンク 問45  次の記述について正しいものはどれか。3つ選べ。 1 通所リハビリテーションにおける短期集中リハビリテーション実施加算は、退院日又は認定日から起算して3か月以内に行われた場合 …

ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-39

目次1 平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(基礎)1.1 問391.2 解答1.3 参考 スポンサーリンク 平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(基礎) 問39 感染予防 …

ケアマネ試験第22回 2019(令和元年)10月実施合格対策-保健医療サービス分野-

目次1 保健医療サービス分野の合格対策1.0.1 過去問-2017(平成29年度)第21回問題261.0.2 過去問-2018(平成30年度)第21回問題43 1.0.3 介護保険法第8条の82 終わ …

ケアマネ試験 平成30年度(第21回)試験問題[PDF版]無料プレゼント

平成30年10月の第21回試験問題
第1問~第60問(全60問)収録(PDF)

ご希望の方はこちらからどうぞ

メルマガ購読・解除
介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法
   


バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー




Twitter でフォロー

follow us in feedly

語句を入力して検索してください。ケアマネ試験・介護福祉士試験の記事をブログ内で検索できます。

このブログをメールで購読

あなたのメールアドレスを入力して「登録」ボタンを押してください。
ブログが更新された時にメールでご連絡します。

2,148人の購読者に加わりましょう

よく読まれている記事(24時間以内)

よく読まれている記事(24時間以内)

管理人おススメの参考書&過去問題集

カテゴリー


アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。