介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

介護福祉士とケアマネ試験は、1年に1回。そのチャンスを逃さないために独学で一発合格した私(oyakodako)が「試験合格のための勉強方法」をお伝えします。

介護福祉士試験 認知症の理解

介護福祉士 独学で一発合格勉強方法第28回過去問77~86「認知症の理解」無料解説

投稿日:

The following two tabs change content below.
介護福祉士・社会福祉士・ケアマネ試験に一発合格した私(oyakodako)が試験合格への必勝法をお教えします!

第28回 認知症の理解

「認知症の理解」については、

「認知症を取り巻く状況」
「医学的側面から見た認知症の基礎」
「認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活」
「連携と協働」
「家族への支援」より10問出題されます。

出題基準

1:認知症を取り巻く状況
      1)認知症ケアの歴史
      2)認知症ケアの理念
      3)認知症高齢者の現状と今後
      4)認知症に関する行政の方針と施策
2:医学的側面から見た認知症の基礎
     1)認知症による障害
     2)認知症と間違えられやすい症状
     3)認知症の原因となる主な病気の症状の特徴
     4)若年性認知症
     5)病院で行なわれる検査、治療の実際
3:認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活
     1)認知症の人の特徴的な心理・行動→
     2)認知症に伴う機能の変化と日常生活への影響
4:連携と協働
     1)地域におけるサポート体制
     2)チームアプローチ→○ 多職種協働の継続的ケア
5:家族への支援

問題77 回想法

回想法に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 記憶力の改善が最も期待できるのは,中等度の認知症(dementia)の人である。
2 認知症(dementia)の人に豊かな情動をもたらすことが期待できる。
3 過去の苦痛や困難な体験を思い出す手がかりを準備すると効果的である。
4 毎回異なる場所で行うと効果的である。
5 回想法に参加した家族介護者は,発症前を思い出してつらくなることが多い。

問題78 認知症高齢者数

厚生労働省が,2012 年(平成 24 年)8 月に公表した「認知症高齢者数について」における,「認知症高齢者の日常生活自立度」Ⅱ以上の認知症高齢者の居場所
別内訳(2010 年(平成 22 年)9 月末現在)で,人数が最も多い居場所を 1 つ選びなさい。

1 居宅
2 介護老人福祉施設
3 介護老人保健施設・介護療養型医療施設
4 グループホーム
5 医療機関

問題79 FASTの分類

Cさん(89 歳,女性)はアルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’stype)で, 1 年前から料理の手順を間違えたり,家計の管理や買物が難しい状態であった。 1 か月前から大声をあげるようになった。季節に合った衣服を選べなくなったが,家族が準備すれば適切に着ることはできる。排泄は自立している。
Cさんのアルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)のFASTの分類として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 年齢相応
2 境界状態
3 軽度
4 中等度
5 やや高度

問題80 認知症

Dさん(80 歳,男性)は一人暮らしで,生活は自立していた。毎朝近所の公園でラジオ体操に参加していたが, 2 か月ほど前から,物忘れとぼうっとする様
子が見られるようになった。また,歩行が不安定となり,最近では尿意を我慢できず失禁がある。
Dさんの状態として,最も可能性の高いものを 1 つ選びなさい。

1 軽度認知障害
2 アルツハイマー型認知症
3 正常圧水頭症
4 前頭側頭型認知症
5 血管性認知症

問題81 認知症の原因疾患

認知症(dementia)の原因となる疾患の特徴として,最も適切なものを 1つ選びなさい。

1 アルツハイマー型認知症では,早期から尿失禁が認められる。
2 アルツハイマー型認知症では,巣症状は見られない。
3 レビー小体型認知症では,人格が大きく変化する。
4 レビー小体型認知症では,運動機能障害は見られない。
5 クロイツフェルト・ヤコブ病では,進行が速く, 1年以内の死亡例も多い。

問題82 治療が可能な認知症

外科的手術で治療が可能な認知症(dementia)として,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 血管性認知症
2 クロイツフェルト・ヤコブ病
3 前頭側頭型認知症
4 レビー小体型認知症
5 慢性硬膜下血腫

問題83 行動・心理症状(BPSD)

行動・心理症状(BPSD)に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1つ選びなさい。

1 徘徊は,認知症(dementia)であれば誰にでも起こる。
2 もの盗られ妄想は,記憶障害とは関係がない。
3 幻視に関して,本人の訴えの内容ははっきりしない。
4 興奮は,ケアの方法によって生じることがある。
5 混乱は,重度の認知症(dementia)の人には見られない。

問題84 血管性認知症

Eさん(88 歳,女性)は,血管性認知症で左片麻痺がある。穏やかな性格である。認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に入居し,グループホームでの役目として,食事前の挨拶を担当している。しかし,夏の暑さが続いたとき,食事前の挨拶の後「こんなことはやらせないで」と理由もなく急に泣きだすことがあった。介護福祉職が受容的な態度で接していると,Eさんは笑顔で「ご苦労様」と介護福祉職に声をかけるようになった。
このようなEさんについて考えられることとして,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 睡眠不足による感情の変化
2 認知症(dementia)の急激な進行
3 感情失禁の症状
4 暑さによる中核症状の悪化
5 職員の対応に対する怒り

問題85 初期の認知症の支援者

 初期の認知症(dementia)で,家賃の支払を忘れて,家主から督促されることが多くなった人に対する支援者として,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 民生委員
2 訪問介護員(ホームヘルパー)
3 訪問看護師
4 日常生活自立支援事業の専門員
5 通所介護(デイサービス)の介護福祉職

問題86 家族の支援

在職中に若年性認知症になった人とその家族の支援に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1 支援の主な対象は,介護負担が集中する子ども世代である。
2 高齢者の認知症(dementia)と対応に違いはないことを家族に説明する。
3 雇用保険制度や障害福祉サービス等を組み合わせて利用できるように支援する。
4 本人の年齢に関係なく,初回の面談で介護保険の利用を勧める。
5 本人が退職して治療に専念できるように支援する。

正答

問題77 2
問題78 1
問題79 4
問題80 3
問題81 5
問題82 5
問題83 4
問題84 3
問題85 4
問題86 3

スポンサーリンク



-介護福祉士試験 認知症の理解

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

介護福祉士 一発合格独学勉強方法「認知症の理解」第30回(平成29年度)

目次0.0.1 oyakodako0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 独学で一発合格する方法2 出題基準3 過去問3.0.1 第29回(平成28年度) 合格基準及び正答3. …

介護福祉士の資格と受験対策は過去問から!「認知症の理解」第29回

目次0.0.1 oyakodako0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 介護福祉士国家試験とは?2 介護福祉士受験対策は?3 第29回 認知症の理解3.0.1 問題77 認知 …

介護福祉士 第30回受験者のコミュニティ参加希望の方は、下記URLからサイボウズへ!

https://goo.gl/JNEcXh

語句を入力して検索してください。ケアマネ試験・介護福祉士試験の記事をブログ内で検索できます。

このブログをメールで購読

あなたのメールアドレスを入力して「登録」ボタンを押してください。
ブログが更新された時にメールでご連絡します。

4,962人の購読者に加わりましょう

よく読まれている記事(24時間以内)

よく読まれている記事(24時間以内)

管理人おススメの参考書&過去問題集

スポンサーリンク