介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

介護福祉士とケアマネ試験は、1年に1回。そのチャンスを逃さないために独学で一発合格した私(oyakodako)が「試験合格のための勉強方法」をお伝えします。

ケアマネ試験 必出行政資料

5分で分かる!ケアマネ試験に出る「高齢社会対策大綱」とは?

投稿日:2017年6月20日 更新日:

The following two tabs change content below.
介護福祉士・社会福祉士・ケアマネ試験に一発合格した私(oyakodako)が試験合格への必勝法をお教えします!

試験に出る?シリーズの始まりです。
今回は、過去問などでは、第1問~第2問目に出題されたことがある「高齢社会対策大綱」についてお話します。テキストなどでは、あまり触れていないので名前すら聞いたことがない方もいると思いますが、5分で分かる概要と試験にでるポイントを押さえておきましょう。

高齢社会対策大綱とは?

高齢社会対策大綱とは、
高齢社会対策基本法によって政府に作成が義務付けられているもの。
政府が推進する高齢社会対策の中長期にわたる基本的かつ総合的な指針となるもの。

詳しく知りたい方は、内閣府HP

試験に出るポイントとしては、数値的なものがほどんどになりますので、高齢社会対策大綱で発表されている様々な数値についてご紹介しましょう。

試験に出るポイント

平成28(2016)年時点

高齢化率:27.3%(75歳以上は13.3%)
65歳以上人口は平成54(2042)年まで増加が見込まれる

現在就業している60歳以上の者のうち、
約8割が「70歳くらいまで」以上又は「働けるうちはいつまでも」働きたいと回答。

60歳以上の起業家については、他の年代と比較して「サービス業」の割合が高い。

生涯学習をしたことがある高齢者は5割近く、
内容は「趣味的なもの」、「健康・スポーツ」が多い

75歳以上の運転免許保有者10万人当たりの死亡事故件数は減少傾向にある

成年後見制度の利用者数は増加傾向

世帯主の年齢が60歳以上の世帯の中で、4,000万円以上の貯蓄を有する世帯は18.2%




高齢社会の現状

ここからは、内閣府が発表している「高齢社会の現状」に書かれている数値に関する事項を抜粋してみました。

人口動態等

平成28(2016)年時点の高齢化率(65歳以上人口割合)は27.3%、75歳以上は13.3%
生産年齢人口(15-64歳)は平成7(1995)年がピーク。65歳以上人口は平成54(2042)年まで増加が見込まれる
平成32(2020)年には、団塊の世代(昭和22(1947)~24(1949)年生まれ)が全員70代

我が国の高齢化は、欧米先進国と比較すると急速に進展
今後は、アジア諸国の一部で、我が国を上回る速度で高齢化が進む見込み

65歳以上の一人暮らしの者の増加は男女とも顕著であり、今後も増加する見込み
高齢者人口(65歳以上)に占める一人暮らし高齢者の割合も増加が続く見込み

平均寿命、健康寿命とも延伸しているが、その差が短縮していない
高齢者の新体力テストの合計点は、すべての年代・性別で向上

OECDの国際成人力調査(PIACC)によると、60-65歳層の読解力、数的思考力は
各国に比べ高い

高齢者の就業・社会参加

65~69歳の労働力人口比率(人口に占める労働力人口の割合)は上昇
現在就業している60歳以上の者のうち、約8割が「70歳くらいまで」以上又は「働けるうちはいつまでも」働きたいと回答している

高年齢者の継続雇用は進んでいるが、非正規職員・従業員の割合が高い

起業希望者及び起業家の推移を年齢別に見ると、60歳以上の割合は年々高まっている
シニア層は若者に比べて自己資金が豊富であり、社会経験を蓄積している。
シニア層は起業の動機が明確であり、かつ、その意欲も高いと推察される。

60歳以上の起業家については、他の年代と比較して「サービス業」の割合が高い。
一方で、「卸売業、小売業」や「情報通信業」は他の年代よりも割合が低い。

生涯学習をしたことがある高齢者は5割近く、内容は「趣味的なもの」、「健康・スポーツ」が多い

社会的な活動(※)をしていてよかったと思うことについて、
「新しい友人を得ることができた」や、「地域に安心して生活するためのつながりができた」が多い

社会的な活動を始めた時期は50代までが約半数
60代前からやっておけばよかったと思う事項では「ない」が最多。
社会的な活動をしている人の方が、「健康維持のための食生活への配慮や、体力づくりのための運動をすること」や「知識・技能を習得すること」が多い

高齢者の生活基盤

多世代と共生しながら、高齢者等が就業や社会活動等に参加し、必要に応じて、医療・介護を受けることができるコミュニティ作り(「生涯活躍のまち」づくり(※))の動きが見られる。

75歳以上の運転免許保有者10万人当たりの死亡事故件数は減少傾向にある

60歳以上の者が外出時の障害と感じている事柄は、
「道路に階段、段差、傾斜があったり、歩道が狭い」「ベンチや椅子等休める場所が少ない」が多い

成年後見制度の利用者数は増加傾向

高齢者の暮らしの質の向上

高齢者のインターネット利用率が上昇

イノベーションによる高齢者の暮らしの質の向上の例

高齢者の経済状況・社会保障

介護施設等の定員数(病床数)は増加傾向
介護・看護の理由により離職した雇用者数は平成27(2015)年に約9万人で女性が多い

世帯主が60~69歳の世帯及び70歳以上の世帯では、他の年齢階級に比べて大きな貯蓄を有している
持ち家率も年齢階級が高くなるほど、増加している

世帯主の年齢が60歳以上の世帯の中で、4,000万円以上の貯蓄を有する世帯は18.2%
高齢者の所得再分配後の所得格差は平成23(2011)年に比べておおむね改善

参照:file:///C:/Users/1957/Desktop/20170619-1.pdf

終わりに

スポンサーリンク



-ケアマネ試験 必出行政資料

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケアマネ試験 福祉分野はこれだけやれば合格できる!

目次0.0.1 oyakodako0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 ケアマネ試験 福祉分野はこれだけやれば合格できる!1.0.1 問461.0.2 問471.0.3 問4 …

介護サービス利用の自己負担割合3割の導入が決定!2018年8月から引き上げ!

目次0.0.1 oyakodako0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 来年8月から引き上げ!2 終わりに The following two tabs change con …

生活保護の受給開始理由 第1位は「貯金等の減少・喪失」(34.1%)

目次0.0.1 oyakodako0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 生活保護受給2 生活保護の受給開始理由3 終わりに The following two tabs ch …

5分で分かる!ケアマネ試験に出る「高齢社会白書」とは?

目次0.0.1 oyakodako0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 高齢社会白書とは?2 試験に出るポイント3 終わりに The following two tabs c …

介護福祉士 第30回受験者のコミュニティ参加希望の方は、下記URLからサイボウズへ!

https://goo.gl/JNEcXh

語句を入力して検索してください。ケアマネ試験・介護福祉士試験の記事をブログ内で検索できます。

このブログをメールで購読

あなたのメールアドレスを入力して「登録」ボタンを押してください。
ブログが更新された時にメールでご連絡します。

4,777人の購読者に加わりましょう

よく読まれている記事(24時間以内)

よく読まれている記事(24時間以内)

管理人おススメの参考書&過去問題集

スポンサーリンク