ケアマネ試験2019年一発合格ノート「介護保険事業計画とは?」


事業者および施設

介護保険事業計画

国の基本指針に即して、市町村と都道府県がそれぞれ策定する。

基本指針

厚生労働大臣は、基本指針を定め公表する。

厚生労働大臣は、基本指針の策定・変更にあたっては、あらかじめ総務大臣その他、関係行政機関の長に協議をし、策定・変更後はこれを公表しなけらばならない。

老人保健計画・医療計画等との関係

市町村計画は、市町村老人福祉計画および市町村老人保健計画と一体のものとして作成され、市町村地域福祉計画等と調和がとれたものでなければならない。

都道府県計画は、都道府県老人福祉計画および都道府県老人保健計画と一体のものと作成され、医療計画や都道府県地域福祉支援計画等と調和が保たれなければならない。

市町村介護保険事業計画

市町村は、国の基本指針に即して、3年を1期とする市町村計画を策定する。

介護給付等対象サービスの種類ごとの量の見込み及びその見込み量を確保するための方策。
地域支援事業の費用額ならびに量の見込み及びその見込み量の確保のための方策。
サービス事業者相互間の連携確保その他サービスの円滑な提供と地域支援事業の円滑な実施を図るための事業等を定める。

市町村計画は、要介護者等の人数、要介護者等のサービス利用の意向等を勘案して作成する。

市町村計画の策定・変更にあたっては、市町村はあらかじめ、被保険者の意見を反映させるために必要な措置を講ずるとともに、都道府県の意見を聴かなければならない。

都道府県介護保険事業支援計画

都道府県は、介護保険給付の円滑な実施を支援するため、市町村と同じく、国の基本指針に即して3年を1期とする都道府県計画を策定する。

都道府県が定める区域ごとの各年度の介護保険施設、介護専用型有料老人ホーム、小規模特別養護老人ホーム等の種類別の必要入所定員総数その他のサービス量の見込み。

介護保険施設その他の施設における生活環境改善事業に関する事項。

介護サービス情報の公表に関する事項。

介護支援専門員その他の介護給付等対象サービス及び地域支援事業従業者の確保・資質向上に資する事業。

介護保険施設相互間の連携確保その他の介護給付等対象サービスの円滑な提供を図るための事業。

介護保険事業計画 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

厚生労働大臣は、基本指針を定め公表する。

基本指針では、介護給付等対象サービスの提供体制の確保や地域支援事業の実施に関する基本的事項を定める。

市町村は、市町村介護保険事業計画と市町村老人福祉計画を一体のものとして作成しなければならない。

市町村介護保険事業計画では、各年度んお介護サービスの見込み量等を定めている。また、その見込み量の確保のための方策もである。

市町村は、市町村介護保険事業計画を定める際には、あらかじめ都道府県の意見を聴かなければならない。

と副府県介護保険事業支援計画には、都道府県が定める区域ごとに、各施設の必要利用定員総数を定めなければならない。

介護保険事業計画 ユーチューブケアマネ試験動画をノートにまとめてみた!

ケアマネ試験 独学で一発合格ノート「介護保険事業計画」とは?

“ケアマネ試験2019年一発合格ノート「介護保険事業計画とは?」” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です