ケアマネ試験2019年一発合格ノート「介護保険制度の目的とは?」


介護保険制度

介護保険制度の目的

介護保険法第1条

〇 加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により
要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、
機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、

〇 これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ
自立した日常生活を営むことができるよう、
必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、

〇 国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、
その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、
もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。

介護保険制度の目的 過去問

● 2005年の改正において、介護保険の目的規定に
「尊厳の保持」が明記された。

● 介護保険制度の基本理念は、
「利用者本位」「高齢者の自立支援」「利用者による選択」である。

保険事故と保険給付の基本的理念

介護保険における保険事故とは?
被保険者が「要介護状態」になること。
被保険者が「要支援状態」になること。

保険給付の基本的理念(法第2条2項~4項)
⓵ 要介護状態・要支援状態の軽減・悪化防止
⓶ 医療との連携への十分な配慮
⓷ 被保険者の選択に基づく適切なサービスの総合的・効率的な提供
⓸ 多様な事業者・施設によるサービスの提供
⓹ 在宅における自立した日常生活の重視

国民の努力及び義務(法第4条)
国民は、
⓵ 自ら要介護状態になることを予防するため 常に健康の保持に努めること。
⓶ 要介護状態になった場合においても進んでリハビリテーションその他の
保健・医療サービス、福祉サービスの利用により
その有する能力の維持向上に努めること。
国民は、
共同連帯の理念に基づき、介護保険事業に要する費用を公平に負担するものとする。

介護保険制度の目的 過去問

● 必要な保健医療サービス及び福祉サービスが
総合的かつ効率的に提供されることを目指している。

● 国民は、要介護状態になった場合においても、
その能力の維持向上に努めることが求められている。

● 介護保険制度の基本的理念として、要介護状態を予防し、
常に健康の保持に努めることとされている。

介護保険制度の目的 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

● 2005年の改正において、介護保険の目的規定に
「尊厳の保持」が明記された。

● 介護保険制度の基本理念は、
「利用者本位」「高齢者の自立支援」「利用者による選択」である。

● 必要な保健医療サービス及び福祉サービスが
総合的かつ効率的に提供されることを目指している。

● 国民は、要介護状態になった場合においても、
その能力の維持向上に努めることが求められている。

● 介護保険制度の基本的理念として、要介護状態を予防し、
常に健康の保持に努めることとされている。

“ケアマネ試験2019年一発合格ノート「介護保険制度の目的とは?」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です