ケアマネ試験2019年一発合格ノート「介護保険制度創設のねらいとは?」


介護保険制度創設のねらい

介護保険制度創設のねらい

高齢者介護を社会全体で支える仕組みの構築(介護の社会化

介護にあたる家族等の負担を軽減を図る。

社会保険方式の導入(国民の共同連帯の理念

従来制度の再編成
利用者が自らの選択により、多様なサービス提供事業者から、
適切なサービスを総合的・一体的に受けられるようにする。
その際は、できる限り在宅介護の実現に努めることとした。

社会保障構造改革の第一歩

民間活力の活用、競争原理、サービスの向上

介護保険制度創設のねらい 過去問

● 被保険者を強制加入させることで、逆選択を防止している。

● 国民は、共同連帯の理念に基づき、介護保険事業に要する費用を
公平に負担すべきこととされている。

● 介護保険のサービスは、高齢者自身の選択による契約に基づき利用できる。

● 介護保険制度の下では、福祉サービスや保険医療サービスが、
総合的に提供されている。

介護保険制度

(基本理念)
保険給付を通して、要介護高齢者等の自立支援を図る。

介護支援専門員が利用者の自立支援のための
具体的なサービスの組み合わせとして「ケアプラン」を作成する。

介護保険の実施状況

(平成17年度調べ)

第1号被保険者:2588万人
第2号被保険者:4279万人 合計:6864万人(総人口の53%)

要介護認定者:約432万人

要介護度別
要支援:16.6%
要介護1:32.9% (要支援と要介護1で49.5%)
要介護2:14.9%
要介護3:12.8%
要介護4:12.1%
要介護5:10.6%

介護サービスの利用者数(1か月平均)
居宅サービス:258万人・・・居宅サービスの利用者が大幅に増加している。
施設サービス:79万人

介護保険制度創設のねらい 過去問

● 平成17年の法改正時点において、要支援・要介護1の認定を受けた人が、
およそ半数を占めた。

● 要支援・要介護1の認定を受けた人は、制度施行時の2倍以上増加している。

● 要介護認定を受けた居宅の者のうち、4人に1人は居宅サービスを何も利用していない。

● 介護総費用の2006年実績は、2000年の3.6兆円の約2倍の7.1兆円が見込まれている。

介護保険制度創設のねらい 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

● 被保険者を強制加入させることで、逆選択を防止している。

● 国民は、共同連帯の理念に基づき、介護保険事業に要する費用を
公平に負担すべきこととされている。

● 介護保険のサービスは、高齢者自身の選択による契約に基づき利用できる。

● 介護保険制度の下では、福祉サービスや保険医療サービスが、
総合的に提供されている。

● 平成17年の法改正時点において、要支援・要介護1の認定を受けた人が、
およそ半数を占めた。

● 要支援・要介護1の認定を受けた人は、制度施行時の2倍以上増加している。

● 要介護認定を受けた居宅の者のうち、4人に1人は居宅サービスを何も利用していない。

● 介護総費用の2006年実績は、2000年の3.6兆円の約2倍の7.1兆円が見込まれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です