ケアマネ試験2019年一発合格ノート「介護保険被保険者証とは?」


介護保険制度

介護保険被保険者証

交付

〇 第1号被保険者
原則として、すべての人に。
新たに65歳になる人には、65歳に達する前日に交付される。

〇 第2号被保険者
要介護・要支援人定の申請を行った人と
被保険者証交付を申請した人に対して交付される。

交付 過去問

● 第1号被保険者全員に交付され、全国一律の様式である。

● 被保険者証は、個人単位で発行される。

● 第1号被保険者証は、65歳の到達月に交付される。

提示

〇 要介護認定等を受けようとする時・・・市町村に提示する。

〇 給付の対象となるサービスを受けようとする時・・・事業者や施設に提示する。

提示 過去問

● 被保険者は、指定居宅サービスを受けるにあたっては、その都度、
指定居宅サービス事業者に対して被保険者証を提示しなければならない。

返還

〇 被保険者が資格を喪失した(転出・死亡)時は、速やかに変換しなければならない。

返還 過去問

● 被保険者は、被保険者証の再交付を受けた後に失った被保険者証を発見した場合は、
速やかに市町村に返還する。

変更

〇 記載事項に変更があった時は、14日以内にこの証を添えて市町村へ届出する。

変更 過去問

● 第1号被保険者に氏名や世帯主、同一市町村内で住所変更が生じた場合、
14日以内に届出をしなければならない。

罰則

〇 不正にこの証を使用した者は、刑法により詐欺罪として懲役の処分を受ける。

介護保険被保険者証 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

● 第1号被保険者全員に交付され、全国一律の様式である。

● 被保険者証は、個人単位で発行される。

● 第1号被保険者証は、65歳の到達月に交付される。

● 被保険者は、指定居宅サービスを受けるにあたっては、その都度、
指定居宅サービス事業者に対して被保険者証を提示しなければならない。

● 被保険者は、被保険者証の再交付を受けた後に失った被保険者証を発見した場合は、
速やかに市町村に返還する。

● 第1号被保険者に氏名や世帯主、同一市町村内で住所変更が生じた場合、
14日以内に届出をしなければならない。

● 市町村は、任意で期日を定めて被保険者証の検認または更新を行うことができる。

“ケアマネ試験2019年一発合格ノート「介護保険被保険者証とは?」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です