ケアマネ試験2019年 一発合格ノート「介護支援専門員の基本姿勢とは?」

The following two tabs change content below.
アバター
介護福祉士・社会福祉士・ケアマネ試験に一発合格した私(oyakodako)が試験合格への必勝法をお教えします!

介護支援分野

介護支援専門員の基本姿勢

基本倫理

人権尊重
介護支援専門員にとっての絶対的な倫理は、要介護者等の人権の尊重である。
介護支援専門員こそ、要介護者等の最も身近な代弁者であることをいつも心に留め置く。

主体性の尊重
支援の過程において、常に心しておかなけらばならないことの一つは、要介護者等の主体性の尊重である。
誤りのない自己決定ができるよう助言する。

公平性
介護支援専門員の倫理としての公平性は、二つの側面をもっている。
・どの人に対しても公平に対応しなければならない。
・サービスの利用援助において、公平な態度をもつこと。

※公平性とは、ニーズの性質や量に応じて適正に利用できるように支援することを言う。

中立性
中立性にも二つの側面がある。
・要介護者等をめぐる関係者の間にあって中立性を保つ。
・要介護者等が必要とするサービスを提供する機関との関係において中立性を保つ。

社会的責任
介護支援専門員は、職業人としての支援者であり、よき隣人ではない。
活動の一つひとつは社会的責任を伴う。
要介護者等の利益のために有効か活動をしなければならない。

個人情報の保護
要介護者等の情報を要介護者等の了解なしに、また問題解決と言う目的のため以外に漏らすことなど決してあったはならない。
サービス担当者会議等において個人情報を用いる場合には、あらかじめ文書において同意を得ておかなければならない。

基本視点

自立支援
高齢者の自立支援
要介護者自身がより自立的に生活できるよう、生活を維持するうえでの自立性を高まるよう支援する。

ノーマライゼーションとQOL
介護支援専門員は、人が通常にいきるということはどういうことなのか、その理念を心に留め置き、現実的な最も適切な支援をする。
QOLの理念を支援の基本に据えておくことが重要。

生涯発達
人間は年齢をとっても、体験し学習することにより、発達を続ける。
高齢者は尊厳される存在である。

介護支援専門員の基本姿勢 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

介護支援専門員は、利用者の自己決定を尊重し対等な関係を維持する。

介護支援専門員は、利用者に対し専門的で的確な会陰所を行うことにより、利用者や地域全体に利益をもたらすよう努力する。

利用者の個人情報を誰かに提供する場合は、必ず本人の了解を得なければならない。

介護サービスを選択すのは、あくまでも利用者自身である。

利用者とその家族が対立する場合には、利用者を擁護する立場にありながらも中立の立場を保持すべきである。

居宅サービス事業者との関係では、中立性を保たなければならない。

人間は、生涯発達する存在であり、高齢者は尊敬される存在である。

Follow me!

One Reply to “ケアマネ試験2019年 一発合格ノート「介護支援専門員の基本姿勢とは?」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です