ケアマネ試験2019年 一発合格ノート「国保連の介護保険事業関係業務とは?」


事業者および施設

国保連の介護保険事業関係業務

審査・支払

国保連は、保険者である市町村から委託を受けて、介護給付費(介護報酬)の審査・支払い業務を行っている。

給付費審査委員会

国保連には、介護給付費請求書の審査を行うため、介護給付費審査委員会が置かれている。

給付費審査委員会は、それぞれ同数の、介護給付費等対象サービス担当者代表委員、市町村代表委員、公益代表委員で構成されており、委員は、国保連が委嘱し、任期は2年。

苦情処理の業務

介護保険制度において、国保連によるいわゆる苦情処理業務が行われている。

具体的には、
苦情の申し立ては書面によることを原則とし、必要に応じて口頭による申し立ても受け付ける。
学識経験者の中から苦情処理担当の委員を委嘱する。

第三者行為求償事務

市町村が第三者行為により保険給付を行った時に、第三者に対して取得する損害賠償請求権にかかる損害賠償金の徴収・収納の事務を市町村から委託を受けて国保連が行う。

その他の業務

介護サービスの提供事業や介護保険施設の運営

その他介護保険事業の円滑案運営に資する事業

国保連の介護保険事業関係業務 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

国保連は、市町村の委託を受けて、保険給付の審査・支払い業務や第三者行為求償事務などを行う。また、独立した業務として、苦情処理を行う。

居宅サービス費の請求については、給付管理票に照らして審査を行う。

給付費審査委員会は、介護給付費請求書を審査kする。

介護給付費請求書の様式は、全国一律である。

介護サービス事業者に対する苦情は、国保連が受け付ける。

国保連は、介護保険の円滑な運営に資するために介護保険施設の運営を行うことが出来る。

“ケアマネ試験2019年 一発合格ノート「国保連の介護保険事業関係業務とは?」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です