ケアマネ試験2019年 一発合格ノート「審査請求とは?」


介護支援分野

審査請求

概説

都道府県に設置された「介護保険審査会」において、不服申立を受理し、審理・裁決を行う。
不服申立:介護保険の場合は、審査請求

審査請求ができる事項

<保険給付に関する処分>
被保険者証の交付の請求に関する処分および要介護認定又は要支援認定に関する処分を含む。
<保険料その他介護保険法の規定による徴収金に関する処分>
ただし、財政安定化基金拠出金、介護給付費・地域支援事業支援納付金及び、その納付金を滞納した場合の延滞金に関する処分を除く。

介護保険審査会

各都道府県にそれぞれ一つずつ、知事の付属機関として設置されている。
その都道府県の区域内に所在する市町村の行った処分に対する審査請求の事件を管轄する。
職務執行上の独立性において知事の指揮監督を受けるべきものではない。

委員

被保険者を代表とする委員及び市町村を代表する委員の各3人と、3人以上の交易を代表する委員の三者構成により組織されている。
介護保険審査会の委員は、非常勤でその身分は特別職に属する地方公務員。
任期は3年。
委員又は委員であった者については、守秘義務が課せられ、違反した場合は罰則が適用される。
介護保険審査会には、公益代表委員のうちから委員が選挙する代表が1人置かれる。

審理・裁決を扱う合議体

保険審査会における審査は、原則として保険審査会が指名する委員で構成する合議体におり行われる。
要介護認定等にかかる審査請求事件:公益代表委員3人からなる合議体で扱う。
要介護認定等を除く処分にかかる審査請求事件:各3人で構成さえる合議体で扱う。

専門委員体

要介護認定等の処分に関する審査請求事件の処理の迅速化、正確化を図るため、都道府県知事の任命により、保険審査会に保健・医療・福祉の学識経験者を専門委員として設置することができる。
その身分は、非常勤特別職の地方公務員で守秘義務が課せられ、罰則が適用される。

訴訟との関係

審査請求の対象となる処分の取り消しを求める訴えは、当該処分についての審査請求に対する解決を経た後でなければ、裁判所に対して提起することが出来ない(審査請求前置主義)。

審査請求 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

不服審査は、都道府県が設置する介護保険審査会が行う。

介護保険の給付や保険料に関する不服に対する不服申立は、都道府県が設置する介護保険審査会に対し審査請求を行う。

要介護認定の不服申立をする窓口は、介護保険審査会である。

介護保険審査会には、保健・医療・福祉に関する学識経験者を専門相談員として置くことができる。

専門調査員は、学識経験者からなり、都道府県知事が任命する。

要介護認定に関する処分に不服がある者は、原則として介護保険審査会の裁決を経た後でなければ裁判所に対して提起することが出来ない。

2 Replies to “ケアマネ試験2019年 一発合格ノート「審査請求とは?」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です