ケアマネ試験2019年一発合格ノート「居宅療養管理指導とは?」

The following two tabs change content below.
アバター
介護福祉士・社会福祉士・ケアマネ試験に一発合格した私(oyakodako)が試験合格への必勝法をお教えします!

居宅療養管理指導のサービスの内容

・医師による医学的管理指導・歯科医師による歯科医学的管理指導
・薬剤師による薬学的管理と指示(病院、診療所、薬局に勤務する薬剤師)
・歯科衛生士等による口腔内の清掃又は有床義歯の清掃に関する指導
※歯科衛生士等(保健師、看護師、准看護師を含む)
・管理栄養士による栄養指導

主治医との連携の実際

・主治医意見書記載医師への連絡
主治医意見書により、病気の状態や薬剤の服用状況をよく知った上で、
サービス計画が立てられなければならない。
・サービス担当者会議の活用
サービス担当者会議には、主治医に参加してもらうことが大切
・外来診療時同行
・訪問診療時同行
・急変時についての打ち合わせ
・看取りの打ち合わせ

居宅療養管理指導 過去問

● 居宅療養管理指導は、区分支給限度基準額が適用されないサービスである。

● 居宅療養管理指導を含む居宅サービス計画を作成するにあたっては、利用者の居宅において医師等を含むサービス担当者会議を開催することができる。

● 居宅療養管理指導の算定できる回数は、
病院または診療所の薬剤師は、1か月に2回、
薬局の薬剤師は、1か月に4回を限度とする。

生理的変化と薬の作用

・薬の吸収
・薬の代謝
・薬の分布
・薬の排泄

居宅療養管理指導 過去問

● 加齢に伴う生理・生体機能の低下により、薬の生体内での作用に影響を与える。

● 服薬するときは、多めの水を飲んだ方が良い。

● 加齢に伴い、肝機能が低下して、薬の作用が強まることがある。

● 高齢者では、併用される薬剤数が多いので、薬の相互作用や副作用の発現に注意する必要がある。

● 血液中にある薬は、たんぱく質(多くはアルブミン)と結合していないものだけ、作用する。

● 血液中のたんぱく質が低下していると、薬剤の作用が増大する。

● 腎機能の低下している高齢者は、副作用がでやすい。

居宅療養管理指導 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

● 居宅療養管理指導は、区分支給限度基準額が適用されないサービスである。

● 居宅療養管理指導を含む居宅サービス計画を作成するにあたっては、利用者の居宅において医師等を含むサービス担当者会議を開催することができる。

● 居宅療養管理指導の算定できる回数は、
病院または診療所の薬剤師は、1か月に2回、
薬局の薬剤師は、1か月に4回を限度とする。

● 加齢に伴う生理・生体機能の低下により、薬の生体内での作用に影響を与える。

● 服薬するときは、多めの水を飲んだ方が良い。

● 加齢に伴い、肝機能が低下して、薬の作用が強まることがある。

● 高齢者では、併用される薬剤数が多いので、薬の相互作用や副作用の発現に注意する必要がある。

● 血液中にある薬は、たんぱく質(多くはアルブミン)と結合していないものだけ、作用する。

● 血液中のたんぱく質が低下していると、薬剤の作用が増大する。

● 腎機能の低下している高齢者は、副作用がでやすい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です