ケアマネ試験2019年一発合格ノート「訪問リハビリテーションとは?」


訪問リハビリテーションの意義・目的

訪問リハビリテーションの定義

訪問リハビリテーションとは、
「居宅要介護者」について、その者も居宅において、その心身の機能と維持回復を図り、日常生活の自立を助けるために行われる理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションをいう。

※「居宅要介護者」とは、
主治の医師がその治療の必要の程度につき、厚生労働省が定める基準に適合していると認め者に限る。

訪問リハビリテーション 過去問

● 訪問リハビリテーションは、居宅要介護者について、その者も居宅において、リハビリテーションを行う。

● 指定を受けるには、病院・診療所、介護老人保健施設のみ。PT、OT,STを適当数配置しなければならない。

● 訪問リハビリテーションは、主に、維持期リハビリテーションが行われる。

● 訪問リハビリテーションは、医師の指示の下、PT,OT,STが実施するサービスである。

● 訪問リハビリテーション事業所では、人員配置の基準の詳細規定はない。

● 特定施設入居者生活介護サービスを受けている高齢者には、訪問リハビリテーション費が算定されない。

訪問リハビリテーションの内容と特徴

要介護度別のリハビリテーション計画

・要支援1・2・・・「予防的リハビリテーション」。
・要介護1・2・・・「自立支援型リハビリテーション」。
・要介護3・4・5・・・「介護者負担軽減型リハビリテーション」」

訪問リハビリテーション 過去問

● 訪問リハビリテーションにおいては、ある程度、要介護度別に重点的目標を設定することが可能である。

● 訪問リハビリテーション計画は、医師及びPT,OT,STが作成する。

訪問リハビリテーションの実際

訪問リハビリテーションの具体的内容は、以下の7項目である。

・廃用症候群の予防と改善
・基本動作能力の維持・回復
・ADLの維持・回復
・IADLの維持・回復
・対人・社会交流の維持・拡大
・介護負担の軽減
・福祉用具利用・住宅改修に関する助言

訪問リハビリテーション 過去問

● 訪問リハビリテーションにおいて、福祉用具の利用や住宅改修について、専門的立場から適切な助言を提供することも重要である。

● 廃用症候群の予防も訪問リハビリテーションの目的の一つである。

● IADLの維持・回復は、訪問リハビリテーションの目的の一つである。

訪問リハビリテーションの介護報酬

訪問リハビリテーション費
リハビリテーションマネジメント加算
短期集中リハビリテーション実施加算

訪問リハビリテーション 過去問

● 訪問看護サービスとは同時に算定できない。。

● リハビリテーションマネジメント加算を算定するためには、医師・PT,OT,STその他の職種の者が、訪問リハビリテーション実施計画を共同して作成する必要がある。

● リハビリテーションマネジメント加算が算定される場合であって、退院もしくは退所日から一定期間何おいて、指定訪問リハビリテーションを行った場合には、介護報酬に短期集中リハビリテーション実施加算が算定される。

● 訪問看護ステーションからPT,OT,STが訪問してリハビリテーションを行うのは、「訪問看護」である。

● サービスの実施状況やその評価については、診療記録を作成し、医師に必ず報告しなければならない。

訪問リハビリテーション 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

● 訪問リハビリテーションは、居宅要介護者について、その者も居宅において、リハビリテーションを行う。

● 指定を受けるには、病院・診療所、介護老人保健施設のみ。PT、OT,STを適当数配置しなければならない。

● 訪問リハビリテーションは、主に、維持期リハビリテーションが行われる。

● 訪問リハビリテーションは、医師の指示の下、PT,OT,STが実施するサービスである。

● 訪問リハビリテーション事業所では、人員配置の基準の詳細規定はない。

● 特定施設入居者生活介護サービスを受けている高齢者には、訪問リハビリテーション費が算定されない。

● 訪問リハビリテーションにおいては、ある程度、要介護度別に重点的目標を設定することが可能である。

● 訪問リハビリテーション計画は、医師及びPT,OT,STが作成する。

● 訪問リハビリテーションにおいて、福祉用具の利用や住宅改修について、専門的立場から適切な助言を提供することも重要である。

● 廃用症候群の予防も訪問リハビリテーションの目的の一つである。

● IADLの維持・回復は、訪問リハビリテーションの目的の一つである。

“ケアマネ試験2019年一発合格ノート「訪問リハビリテーションとは?」” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です