ケアマネ試験2019年一発合格ノート「高齢者に多い疾病/便秘とは?」


高齢者に多い疾病

便秘

便秘とは?
日常生活での活動性の低下に伴って生じる
身体的・精神的機能の全面的低下

便秘の原因

急性
・機能性(精神的要因、薬物など)
・器質性(腸閉塞など)

慢性
・機能性(腸蠕動運動の低下、腹筋低下、薬の副作用など)
・器質性(大腸がんなど)

便秘の対応

高齢者では、慢性機能性の便秘が多く、日常的によく見られる症状
長期にわたって便秘が続く場合、漫然と緩下剤を服用するのではなく、
医療機関への受診を勧める

便秘の予防

まず、十分な水分をとって、食事を規則正しくとることが大切。
繊維を多く含む食物(野菜・果物・海藻など)をできるだけとる。
適度な運動を行う。
腹部や腰部のマッサージも有効である。

便秘/高齢者に多い疾病 過去問まとめ

この一発合格ノートは、私が勉強した時のものを要約したものを掲載しています。2008年の10月のケアマネ試験に一発合格するために作ったものです。従って、法改正などで内容が変更になっている部分もあると思いますので、各自の責任で参考にしてみてください。

● 便秘には、繊維性食品と水分の摂取を心がける。

● 高齢者は老化による腸の蠕動運動の低下などで便秘になりやすくなる。

● 急性に強く生じた便秘は、腸閉塞の疑いがあり注意が必要である。

● 便秘の予防は、十分な水分をとって、規則正しい食事をとることが大切。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です