介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

介護福祉士とケアマネ試験は、1年に1回。そのチャンスを逃さないために独学で一発合格した私(oyakodako)が「試験合格のための勉強方法」をお伝えします。

ケアマネ過去問 保健医療分野

ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療福祉サービス分野過去問対策-問26

投稿日:2017年6月30日 更新日:

The following two tabs change content below.
アバター
介護福祉士・社会福祉士・ケアマネ試験に一発合格した私(oyakodako)が試験合格への必勝法をお教えします!

ケアマネ 独学で合格問26

平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野

問26

次の記述について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 CRP(C反応性たんぱく質)は、感染症などによる炎症の程度を示す。
2 胸部X線検査は、結核などの呼吸器疾患だけでなく、
   うっ血性心不全などの心疾患の診断にも有用である。
3 ノロウイルス感染症では、下痢などの症状がなくなれば、感染力はない。
4 ウイルス感染では、白血球数が上昇する。
5 尿検査は、糖尿病や腎臓病だけでなく、尿路感染症の診断にも有用である。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

解答

正解は…1・2・5

1 〇 
2 〇 高齢者では、結核や肺炎などの感染症も多く、
    感染拡大や重篤化を防ぐため、
    年に1回は検査を受けることが望ましいとされている。
3 ✖ ノロウイルス感染症では、症状がなくなっても
    ウイルスが排泄物等に残っていることがあるため注意を要する。
4 ✖ ウイルス感染では、白血球数は正常か減少傾向を示す。
5 〇 

参考

ノロウィルスとは?

ノロウイルスとは人の小腸粘膜で増殖するウイルスです。
主に11月から3月にかけて胃腸炎を起こします。
少量のウイルス(100個以下)でも発症し感染力のとても強いウイルスで保育園や高齢者施設など集団生活の場では、
感染がひろがり集団発生を引き起こしやすいといえます。

問27へ

スポンサーリンク



-ケアマネ過去問 保健医療分野

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケアマネ試験の過去問で「ターミナルケア」が出題された問題まとめ

目次0.0.1 oyakodako0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 ターミナルケア1.0.1 28-問381.0.2 28-問391.0.3 26-問361.0.4 25 …

ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-34

目次0.0.0.1 oyakodako0.0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(基礎)1.1 問341.2 解答1.3 参 …

ケアマネ試験 独学で合格するための保健医療分野第18回過去問-29

目次0.0.0.1 oyakodako0.0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 平成27年度(第18回) 保健医療福祉サービス分野(基礎)1.1 問291.2 解答1.3 参 …

ケアマネ試験過去問 保健医療サービス分野 平成29年度(印刷用)

目次0.0.1 oyakodako0.0.2 最新記事 by oyakodako (全て見る)1 保健医療サービス分野 平成29年度1.0.1 第26問1.0.2 第27問1.0.3 第28問1.0. …

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題35」

目次1 oyakodako2 最新記事 by oyakodako (全て見る) The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 o …

管理人のおススメ

管理人のおススメ

ケアマネ試験-(第21回~第17回)
過去問全掲載

介護支援分野

保健医療サービス分野

福祉サービス分野

タイマー


カウントダウンタイマー

タイマー


カウントダウンタイマー

管理人おススメの参考書&過去問題集




このブログをメールで購読

あなたのメールアドレスを入力して「登録」ボタンを押してください。
ブログが更新された時にメールでご連絡します。

2,540人の購読者に加わりましょう

介護福祉士試験2019年度「これだけノート」

ケアマネ試験2019年度「これだけノート」

Twitter でフォロー



カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。