あなたはケアマネ試験が難しいと聞いて、不安になっていませんか?
実際の合格基準や合格率を知っていますか?

敵を知らなければ、戦いになりません。
しっかりと、敵を研究して戦術を練っていくことが大切です。

最後に、私が考える合格の目標点を書いていますので、
最後まで読んでくださいね。

ケアマネ試験 合格基準

配点:1問1点
介護支援分野(25問)、保健医療福祉分野(35問)それぞれ70%以上の正答を基準とし、
問題の難易度で補正

ケアマネ試験 過去の合格基準点

(第19回の合格基準点)
介護支援分野:13点
保健医療福祉分野:22点

(第18回の合格基準点)
介護支援分野:13点
保健医療福祉分野:25点

※第17回以前は免除科目あり

(第17回の合格基準点)
介護支援分野:14点
保健医療福祉分野:25点

(第16回の合格基準点)
介護支援分野:15点
保健医療福祉分野:26点

(第15回の合格基準点)
介護支援分野:15点
保健医療福祉分野:22点

ケアマネ試験 過去の合格率

(第19回の合格率)
13.1%

(第18回の合格率)
15.6%

(第17回の合格率)
19.1%

(第16回の合格率)
15.4%

(第15回の合格率)
19.0%

見ていただいてお分かりの通り、
20%をはるかに下回っていて、
昨年の第19回は、13.1%と、過去最低でした。

ケアマネ試験 何点取ったら合格できる?

試験年度によって、合格基準点に変化がありますが、
介護支援分野については、15点を取っておけば合格できるでしょう。
15/25問です。
ということは、10問間違えても大丈夫!

保健医療福祉分野については、25点。
25/35問です。
ということは、こちらも10問間違えても大丈夫!

満点を取る必要はなく、全60問=60点満点のうち、
それぞれ、15点、25点です。

しかし、私が考える目標ラインは、以下の通りです。
介護支援分野:18点以上
保健医療福祉分野:25点以上

スポンサーリンク



PAGE TOP