ケアマネ試験 地域支援事業嫌いとは?


一次予防事業:65 歳以上のすべて高齢者の方が対象
二次予防事業:要支援や要介護になる可能性の高い虚弱な高齢者が対象

地域支援事業
・介護予防・日常生活支援総合事業

一次予防事業
・介護予防普及啓発事業
・地域介護予防活動支援事業
・一次予防事業評価事業

要支援・二次予防事業
・要支援・二次予防事業評価事業
・二次予防事業対象者把握事業
・ケアマネジメント事業

生活支援サービス事業
予防サービス事業

任意事業
・介護給付等適正化事業
・家族介護支援事業
・その他の事業

包括的支援事業
・介護予防ケアマネジメント業務
・総合相談支援業務
・権利擁護事業
・包括的・継続的ケアマネジメント支援業務

地域支援事業は次の3つの事業からなります。
①介護予防事業 ②包括的支援事業 ③任意事業

地域支援事業における介護予防事業には、対象者別に 2 つの種類があります。

【保険者の事務】


・被保険者の資格管理
・要介護、支援認定
・保険給付事務(介護報酬の審査支払)
・サービス提供事業者事務(地域密着型)
地域支援事業の実施
・地域包括支援センターの設置
・市町村介護保険事業計画の策定、変更
・保険料事務
・財政運営
・条例、規則の制定、改正

【国の事務】

・要介護、要支援認定基準
・介護報酬算定基準
・区分支給限度基準額
・第二号被保険者負担率
・財政負担事務(保険給付、地域支援事業、財政安定化基金)
・介護サービス基盤の整備に関する事務
・介護保険事業の健全、円滑な運営のための指導、監督、助言に関する事務

地域支援事業の財源構成

・ 介護予防・日常生活総合支援事業
5割ー 1号、2号保険料
5割ー 公費
国ー25
都道府県ー12.5
市町村ー12.5

↓包括的支援事業

地域支援事業難しいですよね… 苦手なところが多すぎて少しモチベーション低下していますがあと40日頑張りましょう

2006年度の介護保険制度改正により地域支援事業が市町村主体で行うことが決められた

⬜︎地域支援事業(市町村)
◎介護予防・日常生活支援総合事業
◎包括的支援事業

高齢者の公衆栄養プログラムは地域支援事業の実施主体は市町村なんだ!

【地域支援事業】
平成17年予防重視型システムとして創設。
要介護状態になることを予防し、なった場合でも地域において自立した生活を営むことができるように事業を実施。
必須事業、任意事業、市町村の判断により実施する事業、介護予防・日常生活支援総合事業の四つがある。

終わりに

ケアマネ2017~地域支援事業~独学で一発合格

令和2年度介護支援専門員実務研修受講試験概要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です