ケアマネ試験 2016(平成28)年度 第19回過去問題と解説~介護支援分野~


  1. 2016(平成28)年度に行われた介護支援専門員(ケアマネ)試験の過去問の検索ページです。それぞれの問いをクリックすると、それぞれの問題と正答、解説が表示されます。介護支援分野は、とにかく記憶することが大切な科目になりますので、しっかりと問題と解説を読んで理解するようにしましょう。

それでは、行きましょう!

ケアマネ試験 2016(平成28)年度 第19回過去問題と解説~介護支援分野~

介護支援分野

介護保険法第1条又は第2条に規定されている文言はどれか。3つ選べ。
問1 問1

介護保険法における介護支援専門員の義務として正しいものはどれか。2つ選べ。
問2 問2

指定介護老人福祉施設について正しいものはどれか。3つ選べ。
問3 問3

一般介護予防事業の種類として正しいものはどれか。3つ選べ。
問4 問4

介護予防・日常生活支援総合事業について正しいものはどれか。2つ選べ。
問5 問5

包括的支援事業の事業として正しいものはどれか。3つ選べ。
問6 問6

介護サービス情報の公表制度について正しいものはどれか。2つ選べ。
問7 問7

国民健康保険団体連合会の業務について正しいものはどれか。3つ選べ。
問8 問8

介護保険法における消滅時効について正しいものはどれか。3つ選べ。
問9 問9

介護保険法において市町村の条例で定めるものはどれか。2つ選べ。
問10 問10

介護保険に関する市町村の事務として正しいものはどれか。3つ選べ。
問11 問11

介護保険給付が優先するものについて正しいものはどれか。2つ選べ。
問12 問12

介護保険制度の利用者負担について正しいものはどれか。2つ選べ。
問13 問13

包括的支援事業の事業として正しいものはどれか。3つ選べ。
問14 問14

社会保険診療報酬支払基金の介護保険関係業務として正しいものはどれか。3つ選べ。
問15 問15

要介護認定について正しいものはどれか。3つ選べ。
問16 問16

要介護認定における認定調査票の基本調査項目として正しいものはどれか。3つ選べ。
問17 問17

要介護認定における主治医意見書の項目として正しいものはどれか。3つ選べ。
問18 問18

介護支援専門員が指定居宅サービス事業者に対して提出を求めるものとされている個別サービス計画として正しいものはどれか。3つ選べ。
問19 問19

医師が行う指定居宅療養管理指導の具体的取扱方針として正しいものはどれか。3つ選べ。
問20 問20

利用定員が10人を超える指定通所介護事業者が置かなければならない従業者として正しいものはどれか。3つ選べ。
問21 問21

介護予防支援事業について正しいものはどれか。 2つ選べ。
問22 問22

居宅サービス計画の実施状況の把握(以下「モニタリング」という。)について正しいものはどれか。2つ選べ。
問23 問23

一人暮らしのAさん(80歳、女性)は、身寄りがなく、要介護1で訪問介護を利用している。最近、訪問介護員に対して怒りっぽくなり、以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど、認知症が疑われる状況となってきた。
介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。3つ選べ。
問24 問24

Bさんは、要介護3であり、軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし、「妻の認知症の症状が急に重くなり、Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。
介護支援専門員の当面の対応として、より適切なものはどれか。3つ選べ。
問25 問25

終わりに

2016(平成28)年に行われた第19回ケアマネ試験「介護支援分野」の過去問題と解説をまとめてみました。介護支援分野は、全25問出題されますので、20問は取れるように勉強しなければなりません。

勉強を始めた当初は、言葉(単語)自体が何を言っているのかも分からない状態だと思いますが、何度も問題と解説を読んでいき、内容をかみ砕いて、できれば大学ノートなどでまとめることをお勧めします。

実際に私が受験した時にまとめたノートをご覧ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です