ケアマネ試験 独学で合格するための勉強法 その1

ケアマネ試験を独学で合格するための勉強法その1を書き連ねてみました。まずはインプット学習に注力を捧げてください。しかし、覚えるという行為はこの時点ではやらないようにしましょう。記憶は時間が経てば忘れてしまうので、覚えるという行為は、試験日の2週間くらい前から行います。

① 勉強スケジュールを立てる(今日すぐに)

これから試験当日までの勉強スケジュールを1か月単位で構いませんので、勉強をするときに目につく場所に貼っておきましょう。私は、勉強机の目の前に貼っていました。

まずは大まかなスケジュールでよいので、予定が狂ったらその時に修正すればよいので、計画は立てましょう。

試験当日をゴールに設定して逆算スケジュールになります。

② 基本テキストを読んでノートを作る(4~7月)

この時点では、覚えるということはしません。単に読むだけです。大事な所をルーズリーフノートに書き込んでいきます(インプット学習)。

まずは、何も考えずにノートに書き落としてください。覚えることは今はしません。

③ 過去問題集をノートに書き込む(8月)

過去問題集は、最低でも3年分できれば5年分を設問を読んで、選択肢を読んで、解答と解説を読んで、ルーズリーフノートに書き落とします。

過去問題集を解くのではありません。情報としてノートに書き落とすだけです。作業として貫徹です。

ノートに書き込むときは、相応箇所に赤色のボールペンで書き込むようにします。目立たせるためです。

この時点でも、まだインプット学習の段階ですので覚えることはしないでください。(忘れてしまうからです)

③ 過去問題集を解く(9月)

やっとこの時点から過去問題集を解く、アウトプット学習に入ります。過去3年分の過去問を100点満点が獲れるようになるのが目標です。

ケアマネ試験は、120分で60問を解かなければなりません。1問を2分で解かなければならないのです。そのことも念頭において過去問トライアルをしましょう。

続きはこちら!

PAGE TOP
error: Content is protected !!