保険者(市町村)とは?

保険者とは、介護保険制度を実施するところです。保険者の役割などが問われます。そして、保険者が決めること(条例)など、そして保険料率など、保険者にしかできないこと、たくさんあります。

保険者(市町村)のポイント

1 介護保険の保険者は、市町村及び特別区。

2 介護保険に関する収入および支出について、特別会計を設けなければならない。

<介護保険法第3条>
第三条  市町村及び特別区は、この法律の定めるところにより、介護保険を行うものとする。
2  市町村及び特別区は、介護保険に関する収入及び支出について、政令で定めるところにより、特別会計を設けなければならない。

保険者(市町村)の事務 過去問まとめ

● 被保険者の資格管理は、市町村が行う。
● 都道府県知事が指定する介護サービス事業者に対する立入検査の権限は、
   市町村に付与された。

● 保険者として、被保険者の資格管理、保険料徴収、保険給付等に関する事務を行う。

● 市町村は条例で、介護認定審査会の委員の定数、第1号被保険者に対する
   保険料率の算定等を定める。

● 第1号被保険者の保険料率は、市町村の給付水準等を踏まえて、
   3年に1度改定される。

● 第1号被保険者の保険料は、市町村と委託契約しているコンビニエンスストア等でも
   支払うことができる。

● 介護保険の財政運営に関する事務は、市町村が行う。

● 介護保険の財政支援に関する事務は、都道府県が行う。

終わりに

ケアマネ試験問題「保険者」とは?合格するポイント!・・・それは一つです。保険者(市町村)が行うことと都道府県・国が行うことを区別することです。保険者しかできないこと、都道府県が支援すること、国が決めること(基本指針)などを覚えて理解することです。

ケアマネ試験の過去問で「保険者」が出題された問題㊙まとめ

PAGE TOP
error: Content is protected !!