ケアマネ試験対策講座 「主治医意見書」-医師が負担感を感じている業務


介護認定の流れ-主治医意見書の位置

主治医意見書(様式)

介護保険における主治医意見書とは

主治医意見書とは、要介護認定を行う際の一次判定(コンピューターによる判定)や介護認定審査会で審査判定を行う際の資料として使用されます。

主治医意見書は、介護認定を受ける方(申請者)の主治医が申請者の疾病や負傷の状況などについての意見が書かれています。

主治医意見書を作成してもらえるかかりつけ医に心当たりがない場合には、市町村の指定する医師の診断を受けなければなりません。

医師が負担感を感じている業務で上位に主治医意見書等の記載

医師が負担に感じている業務の上位は、主治医意見書や診断書などの記載、検査、治療、入院に関する患者家族への説明で、現在の勤務状況について過半数の医師が、改善の必要性が高い、または改善の必要性があると考えている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です