ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題21」


ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成29年問題21 地域ケア会議

指定居宅介護支援事業者に対し地域ケア会議から求めがあったときの協力について,指定居宅介護支援事業者の事業の人員及び運営に関する基準(平成11年厚生省令第38号)に規定されている事項として正しいものはどれか。2つ選べ。

1 必要な支援体制に関する意見の開陳

2 地域密着型通所介護の開設

3 認知症カフェの企画・運営

4 介護支援専門員と生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)との兼務

5 支援対象被保険者への適切な支援の検討に必要な資料の提供

正解は1と5

地域ケア会議の流れ
地域ケア会議の流れは、ケアマネジメントを進める上で、個別事例のなかから、地域全体での課題解決が必要なものを取り上げます。実際には、居宅介護支援を担うケアマネジャーから管轄の地域包括支援センターに対して、現場でのケースを用いて事例提供を行います。
地域包括支援センターでは、この事例を課題として、ケアマネジャーを事例発表者とし、多職種によって支援内容を検討していきます。

“ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題21」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です