ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題25」


ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成29年問題25 事例問題

飼い犬の世話ができなくなった一人暮らしの利用者から,保険給付として飼い犬の世話をしてもらえないかと訪問介護員に相談があった。その報告を受けた訪問介護事業所は,利用者にとって必要なサービスなので実施したいと介護支援専門員に相談した。介護支援専門員の対応として,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 利用者の意見を尊重し,当面,飼い犬の世話を行うことを認める。

2 飼い犬の世話を依頼できるボランティアを探す。

3 利用者に対し,訪問介護事業所を変更するよう指示する。

4 保険給付としては不適切である旨の説明をする。

5 地域ケア会議に提案し,必要な社会資源の開発・充足を促す。

正解は2、4、5

“ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題25」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です