ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題25」


ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」

平成27年問題25 事例問題

Bさんは,要介護3であり,軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし,「妻の認知症の症状が急に重くなり,Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。介護支援専門員の当面の対応として,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 サービス担当者会議を開催し,対応を協議した。

2 地域包括支援センターに相談した。

3 妻の医療保護入院の手続きをした。

4 妻の成年後見について家庭裁判所に相談した。

5 状況を把握するために速やかに訪問した。

正解は1、2、5

“ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題25」” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です