平成30年度からケアマネ受験資格が変更になります!

受験資格

1 法定資格(国家資格)を保有している

2 相談援助業務に従事している

 

資格取得後、業務が5年かつ900日以上

国家資格を取得後、登録してからの業務が 5 年かつ900日以上ある者

ということは、国家試験に合格しただけではなく、資格登録をしなければなりません。

さらに、その業務に直接5年以上従事し、900日以上の勤務実績がなければなりません。

対象となる国家資格

医師
歯科医師
薬剤師
保健師
助産師
看護師
准看護師
理学療法士
作業療法士
あん摩マッサージ指圧師
はり師
きゅう師
栄養士(管理栄養士)
義肢装具士
言語聴覚士
歯科衛生士
視能訓練士
柔道整復師
社会福祉士
介護福祉士
精神保健福祉士
※要援護者に対する直接的な業務を行っていることが条件です

相談援助業務に従事した期間が5年かつ900日以上

次の施設等において法により必置とされる相談援助業務に従事した期間が5年かつ900日以上ある者

(1)特定施設入居者生活介護施設 生活相談員
(2)地域密着型特定施設入居者生活介護施設 生活相談員
(3)地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護施設 生活相談員
(4)介護老人福祉施設 生活相談員
(5)介護老人保健施設 支援相談員
(6)介護予防特定施設入居者生活介護施設 生活相談員
(7)障害者総合支援法に基づく計画相談支援に規定する 相談支援専門員
(8)児童福祉法に基づく障害児相談支援事業に規定する 相談支援専門員
(9)生活困窮者自立相談支援事業の主任相談支援員

国家資格以外は、業務が10年かつ1000日以上

平成29年度までは、ヘルパーの資格でも5年以上かつ900日以上実務経験があれば
受験資格があった人も、上記の国家資格がないと受験できません。

介護資格+介護等業務経験5年
介護等業務経験10年
上記は、受験資格の対象外になります。

詳しくは各都道府県の担当課にお問合せください。
社会福祉振興・試験センターホームページ

PAGE TOP