ケアマネ試験2017年度 介護支援分野第8問「指定居宅介護支援事業」


ケアマネ試験2017年度 介護支援分野

第8問

指定居宅介護支援事業について正しいものはどれか。
2つ選べ。

1 要介護認定を受けた生活保護受給者には、福祉事務所の現業員が居宅サービス計画を作成しなければならない

2 指定居宅介護支援事業所ごとに、主任介護支援専門員を置かなければならない

3 指定居宅介護支援事業所ごとに、常勤の管理者を置かなければならない

4 管理者は、同一敷地内にない他の事業所の職務に従事することができる

5 指定居宅介護支援事業者は、介護支援専門員の清潔の保持及び健康状態について、必要な管理をしなければならない

正答:3,5

指定居宅介護支援事業

終わりに

「指定居宅介護支援事業」

ケアマネ試験2017年度 試験問題全問掲載目次

“ケアマネ試験2017年度 介護支援分野第8問「指定居宅介護支援事業」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です