ケアマネ試験2017年度 保健医療サービス分野 第31問「認知症」


ケアマネ試験2017年度 医療分野

第31問

認知症について適切なものはどれか。
3つ選べ。

1 BPSD(認知症の行動・心理症状)は、一般に認知症が進行するほど重症化する

2 血管性認知症では、適切な治療やリハビリテーションにより、認知機能が改善した例もある

3 レビー小体型認知症は、幻視が特徴的で、払いのけたり、逃げるような動作を伴う

4 アルツハイマー型認知症の治療薬は、易怒性などの興奮性のBPSD(認知症の行動・心理症状)を悪化させる可能性がある

5 慢性硬膜下血腫による認知機能障害は、慢性化しているため、血腫を除去しても回復が期待できない

正答:2.3.4

認知症

終わりに

「認知症」

ケアマネ試験2017年度 試験問題全問掲載目次

“ケアマネ試験2017年度 保健医療サービス分野 第31問「認知症」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です