ケアマネ試験2017年度 福祉サービス分野第49問「マクロ・ソーシャルワーク(地域援助)」


ケアマネ試験2017年度 福祉サービス

第49問

マクロ・ソーシャルワーク(地域援助)として、より適切なものはどれか。
3つ選べ。

1 震災被災者に対するボランティアを組織化し、サービス提供の仕組みを構築する

2 地域における多様な住民の課題に応えるため、医療、保険、福祉等の専門職だけで問題解決を図る

3 地域で生活に困っている外国人に対して、自治体職員が個別に訪問し、相談面接を行う

4 小学校において、地域で生活している高齢者の方々から講話をしてもらうなどの世代間交流の機会を設ける

5 地域の聴覚言語障害者に対して適切に情報提供が行われるよう、要約筆記者、手話通訳者の配置などを自治体に働きかける

正答:1.4.5

マクロ・ソーシャルワーク(地域援助)

終わりに

「マクロ・ソーシャルワーク(地域援助)」

ケアマネ試験2017年度 試験問題全問掲載目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です