ケアマネ試験2018(平成30)年度 介護支援分野第19問「指定介護老人福祉施設における身体拘束等の取り扱いについて正しいものはどれか。」


問題19 指定介護老人福祉施設における身体拘束等(身体拘束その他入所者の行動を制限する行為)の取り扱いについて正しいものはどれか。3つ選べ。


1 身体拘束等を行う場合には、介護支援専門員は入所者の家族と面談しなければならない。
2 身体拘束等の適正化のための対策を検討する委員会を三月に一回以上開催しなければならない。
3 身体拘束等を行う場合には、医師の指示によらなければならない。
4 従事者に対し、身体拘束等の適正化のための研修を定期的に実施しなければならない。
5 身体拘束等の適正化のための指針を整備しなければならない。

【解答】2、4、5

解説

“ケアマネ試験2018(平成30)年度 介護支援分野第19問「指定介護老人福祉施設における身体拘束等の取り扱いについて正しいものはどれか。」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です