ケアマネ試験2018(平成30)年度 福祉サービス分野第56問「小規模多機能型居宅介護について正しいものはどれか。」


問題56 小規模多機能型居宅介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 通いサービス、訪問サービス及び宿泊サービスの算定月における提供回数について、登録者1人当たり平均回数が週4回に満たない場合には、介護報酬は減算される。
2 従事者のうち1人以上は、常勤の看護師又は、准看護師でなければならない。
3 一定の条件を満たす事業所において、看取り期におけるサービス提供を行った場合は、看取り連携体制加算を算定できる。
4 利用者の処遇上必要と認められる場合であっても、一の宿泊室の定員は1人である。
5 介護支援専門員は、利用者の処遇に支障がない場合には、管理者と兼務することができる。

【解答】1、3、5

解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です