ケアマネ試験2019年 介護支援分野第16問 過去問4年分析して頻出問題は?


介護支援分野第16問

第16問は、要介護認定、主治医意見書、居宅サービス計画原案、指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準の問題が出題されました。 しっかりと勉強して覚えておきましょう。

平成27年要介護認定 問題16

1 要介護認定等基準時間には、徘徊に対する探索が含まれる。(○)

2 要介護認定等基準時間には、輸液の管理が含まれる。(○)

3 市町村は、新規認定調査を指定市町村事務受託法人に委託できる。(○)

4 要介護認定は、申請者の家庭での介護時間を計測して行う。

5 家庭裁判所には、申請権がある。
平成28年主治医意見書 問題16

1 訪問薬剤管理指導(○)

2 訪問保清指導

3 訪問栄養食事指導(○)

4 訪問歯科衛生指導(○)

5 訪問飲水管理指導
平成29年居宅サービス計画原案 問題16

1 利用者の家族の希望も勘案する

2 利用者が入院中であっても、必ず居宅を訪問して行う(○)

3 身体機能だけでなく、置かれている環境についても検討する

4 地域における指定居宅サービスが提供される体制を勘案する(○)

5 初回の面接で利用者の状況をすべて把握しなければならない(○)
平成30年指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準 問題16

1 障害者総合支援法に規定する指定特定相談支援事業者との連携に努めること。(○)

2 利用者の施設入所について配慮すること。

3 保健医療サービス及び福祉サービスの総合的かつ効率的な提供に配慮すること。(○)

4 利用者の最低限度の生活の維持に努めること。

5 居宅介護支援の提供に当たって公正中立に行うこと。(○)

まとめ

第16問では、指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準が出題されました。以前には、介護サービスの人員基準は配置基準などを問う問題が出題されたことがあります。しっかりと深いところまで理解するまで勉強しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です