ケアマネ試験2019年 介護支援分野第17問 過去問4年分析して頻出問題は?


介護支援分野第17問

第17問は、要介護認定における認定調査票の基本調査項目、主治医意見書における「サービス提供時における医学的観点からの留意事項」の項目、居宅サービス計画作成、居宅サービス計画の作成の問題が出題されました。 しっかりと勉強して覚えておきましょう。

平成27年要介護認定における認定調査票の基本調査項目 問題17

1 精神・行動障害に関連する項目(○)

2 身体機能・起居動作に関連する項目(○)

3 サービスの利用状況に関連する項目

4 特別な医療に関連する項目(○)

5 主たる介護者に関連する項目
平成28年主治医意見書における「サービス提供時における医学的観点からの留意事項」の項目 問題17

1 血圧(○)

2 飲水

3 摂食(○)

4 排泄

5 嚥下(○)
平成29年居宅サービス計画作成 問題17

1 サービス提供事業者の選択は、専門的見地から介護支援専門員が行う

2 利用者が支払うことができる利用者負担額に配慮する(○)

3 サービス担当者会議で専門的見地からの意見を求め調整を図る(○)

4 目標には、サービス提供事業者の到達目標を記載する

5 計画に位置付けたサービス提供事業者の担当者に十分に説明する(○)
平成30年居宅サービス計画の作成 問題17

1 サービス担当者会議の要点を利用者に交付すること(○)。

2 文章により、家族の同意を得ること。

3 作成した際に、利用者に交付すること。

4 作成後、保険者に提出すること。

5 介護支援専門員は、計画に位置付けた指定訪問介護事業者に対して、訪問介護計画の提出を求めること。(○)

まとめ

第17問では、居宅サービス計画作成の問題が出題されました。実際にケアマネ(介護支援専門員)になったらお仕事として居宅サービス計画を作成しなければなりませんので、しっかりと深いところまで理解するまで勉強しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です