ケアマネ試験2019年 介護支援分野第18問 過去問4年分析して頻出問題は?


介護支援分野第18問

第18問は、主治医意見書、基本チェックリスト、サービス担当者会議、介護予防支援事業者の担当職員の業務の問題が出題されました。 しっかりと勉強して覚えておきましょう。

平成27年要介護認定における主治医意見書 問題18

1 認知症初期集中支援チームとの連携に関する意見

2 心身の状態に関する意見(○)

3 社会生活への適応に関する意見

4 傷病に関する意見(○)

5 生活機能とサービスに関する意見(○)
平成28年介護予防の基本チェックリスト 問題18

1 15分位続けて歩いていますか。(○)

2 部屋の掃除ができますか。

3 調理ができますか。

4 預貯金の出し入れをしていますか。(○)

5 口の渇きが気になりますか。 (○)
平成29年サービス担当者会議 問題18

1 招集は,地域包括支援センターが行う。

2 生活保護の被保護者については,福祉事務所が招集しなければならない。

3 少なくとも3か月に1回は,開催しなければならない。

4 利用者や家族の参加が望ましくない場合には,必ずしもその参加を求めない。(○)

5 会議の記録は,2年間保存しなければならない。 (○)
平成30年介護予防支援事業者の担当職員の業務 問題18

1 指定介護予防サービス事業者等から、サービスの提供状況等の報告を三月に1回聴取しなければならない。

2 介護予防サービス計画を作成した際には、必ずそれを主治の医師に交付しなければならない。

3 アセスメントに当たっては、利用者の居宅を訪問し、面接して行わなければならない。(○)

4 介護予防サービス計画に位置付けた期間が終了するときは、目標の達成状況について評価しなければならない。(○)

5 介護予防短期入所生活介護を介護予防サービス計画に位

まとめ

第18問については、要介護認定における主治医の意見書が出題されています。この主治医の意見書も頻出問題になります。そして、介護予防支援事業についても多く問われていますので、しっかりと知識として認識しておかないと点数が取れないのでしっかりと抑えておかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です