ケアマネ試験2019年 介護支援分野第6問 過去問4年分析して頻出問題は?


介護支援分野第6問

第6問は、包括的支援事業、住所地特例、サービスに要する費用の額、保険給付の問題が出題されました。 しっかりと勉強して覚えておきましょう。

平成27年包括的支援事業 問題6

1 総合相談支援(○)

2 包括的・継続的ケアマネジメント支援(○)

3 第1号訪問事業

4 権利擁護(○)

5 介護予防リハビリマネジメント
平成28年住所地特例 問題6

1 要介護者又は要支援者に限定される。

2 入所する施設が所在する市町村の地域密着型サービスは、対象外である。

3 介護予防給付は、対象となる。(○)

4 軽費老人ホームは、対象施設である。(○)

5 有料老人ホームは、対象施設ではない。
平成29年サービスに要する費用の額 問題6

1 居宅介護支援費(○)

2 訪問看護費

3 通所介護費(○)

4 訪問介護費

5 訪問入浴介護費
平成30年保険給付 問題6

1 第三者行為によって生じた給付事由については、当該第三者への損害賠償請求が保険給付の要件となっている。

2 居宅介護住宅改修費については、住宅改修を行った者に対し、都道府県知事が帳簿種類等の提示を命じることができる。

3 居宅サービスに従事する医師が診断書に虚偽の記載をすることにより、不正受給が生じた場合は、市町村は当該医師にも徴収金の納付を命じることができる。(○)

4 保険給付を受ける権利の消滅時効は、5年である。

5 居宅要介護被保険者は、指定居宅サービスを受ける都度、被保険者証をサービス事業者に提示しなければならない。(○)

まとめ

第6問は、保険給付の問題や費用の問題が出題されていますが、介護サービスを上ではとても大切な部分になりますので、しっかりと深いところまで理解するまで勉強しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です