ケアマネ試験2019(令和1)年度 【介護医療院】独学で合格過去問「平成30年介護支援分野問題3」解説


ケアマネ試験2019(令和1)年度 【介護医療院】独学で合格過去問「平成30年介護支援分野問題3」解説


問題3 介護医療院について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 開設の許可は、市町村長が行う。
2 開設者は、医療法人でなければならない。
3 理美容代の支払いを受けることはできない。
4 居宅介護支援事業者等に対して入所者の情報を提供する際には、あらかじめ文書により入所者の同意を得ておかなければならない。
5 都道府県知事の承認を受けて、医師以外のものを管理者にすることができる。
 
 
 
 
 

正解は4、5

一口メモ

◎ 介護医療院とは、介護保険施設の1つ。
◎ 他に、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設がある。
◎ 介護保険事業>介護保険給付事業>サービス>施設サービス
◎ 介護医療院は、2018年度創設。
◎ 根拠法は介護保険、都道府県の許可(老健とほぼ一緒)。
◎ 施設サービスにおける設置権限は、都道府県。
◎ 介護医療院の管理者は、原則医者。
◎ 介護療養型医療施設は、2023年度になくなる。
◎ 開設者も原則、老健と同様。
  1:地方公共団体
  2:医療法人
  3:社会福祉法人
  4:その他厚生労働大臣が定める者
 
 

介護医療院

介護医療院(&老健) 開設者
  1:地方公共団体
  2:医療法人
  3:社会福祉法人
  (4:その他厚生労働大臣が定める者)
 
介護医療院(&老健) 開設許可
  都道府県知事
 
介護保険施設 理美容代、娯楽教養費
  原則:利用者負担(※徴収可)
 
介護医療院(老健) 施設長
  原則医師(※都道府県知事承認→医師以外可)
 
特養 施設長
  1:社会福祉主事要件
  2:社会福祉事業2年以上従事
  3:施設長講習会受講
 
療養型 施設長
  医師
 
 

覚えておくべきキーワード

 
 

おススメ予想問題集

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

『八訂基本テキスト』完全対応!ケアマネ試験 法改正と完全予想模試 ’19年版 [ コンデックス情報研究所 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/6/23時点)

楽天で購入

 
 
 
 
 

おススメYoutube動画解説


 

“ケアマネ試験2019(令和1)年度 【介護医療院】独学で合格過去問「平成30年介護支援分野問題3」解説” への1件の返信

  1. ピンバック: ケアマネ試験-介護支援分野の過去問全掲載-(第22回~第17回) | 介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です