ケアマネ試験2019(令和1)年度 【保険給付】独学で合格過去問「平成30年介護支援分野問題6」解説


ケアマネ試験2019(令和1)年度 【保険給付】独学で合格過去問「平成30年介護支援分野問題6」解説


問題6 介護保険の保険給付について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 第三者行為によって生じた給付事由については、当該第三者への損害賠償請求が保険給付の要件となっている。
2 居宅介護住宅改修費については、住宅改修を行ったものに対し、都道府県知事が帳簿書類等の提示を命じることができる。
3 居宅サービスに従事する医師が診断書に虚偽の記載をすることにより、不正受給が生じた場合は、市町村は当該医師にも徴収金の納付を命じることができる。
4 保険給付を受ける権利の消滅時効は、5年である。
5 居宅要介護被保険者は、指定居宅サービスを受ける都度、被保険者証をサービス事業者に提示しなければならない。

 
 
 
 
 

正解は3、5
 

一口メモ

◎ 保険事故が発生した時に、保険者から保険給付を受ける。
◎ 保険事故(要介護・要支援状態になったら)保険給付を受けとれる。
◎ 第三者行為求償事務(国保連の事務)。
◎ 住宅改修の業者は指定制度になっていない。
◎ 業者の不正請求による場合は、消滅時効は2年。
◎ 不正請求以外の、手続きの不備等によるものの場合は、5年。

 

保険給付

第三者行為求償事務 委託先
 国保連
 
住宅改修 業者指定
 無し
 
サービス業者医師 虚偽申告 不正受給
 徴収金命令(市町村→医師)
 
保険給付受給権利 消滅時効
 2年
 
介護報酬返還請求権利 消滅時効2
 不正受給→2年
 不備受給→5年
 
利用者→事業者 被保険者証提示
 サービス受給都度
 

覚えておくべきキーワード

 
 

おススメ予想問題集

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

『八訂基本テキスト』完全対応!ケアマネ試験 法改正と完全予想模試 ’19年版 [ コンデックス情報研究所 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/6/23時点)

楽天で購入

 
 
 
 
 

おススメYoutube動画解説


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です