ケアマネ試験2019(令和1)年度 【共生型居宅サービス】独学で合格過去問「平成30年介護支援分野問題9」解説


ケアマネ試験2019(令和1)年度 【共生型居宅サービス】独学で合格過去問「平成30年介護支援分野問題9」解説


問題9 共生型居宅サービスについて正しいものはどれか。2つ選べ。

1 障害福祉サービスのうち介護保険サービスに相当するサービスを提供する指定事業所は、介護保険法に基づく居宅サービス事業所の指定も受けることができる。
2 障害児通所支援に係る事業所は、共生型居宅サービス事業所の指定を受けることができない。
3 短期入所生活介護については、共生型居宅サービスはない。
4 事業所の従業者の人員は、市町村の条例で定める員数を満たさなければならない。
5 事業の設備及び運営は、都道府県の条例で定める基準に従わなければならない。

 
 
 
 
 

正解は1、5
 

一口メモ

◎ 共生型サービスは、法改正により、2018年度に創設された制度。
◎ 障害福祉サービスを提供している事業所が介護保険サービスに相当するサービスを提供している場合、
  介護保険法においてもサービス提供できるようにしようというもの
◎ ホームヘルプサービス、デイサービス、通所系、ショートステイ
◎ 65歳になっても引き続き障害福祉サービスの提供を受けていた事業所で、
  介護保険サービスとしてサービスの提供を受けられるようになりました。
◎ 共生型サービスの人員、運営、設備基準は都道府県条例で定められています。

 

覚えておくべきキーワード

共生型訪問介護
   指定居宅介護
   重度訪問介護
 
共生型通所介護・共生型地域密着型通所介護
   指定生活介護
   指定自立訓練(機能訓練)
   指定自立訓練(生活訓練)
   指定児童発達支援
   指定放課後等デイサービス
 
共生型短期入所生活入所介護・共生型介護予防短期入所生活介護
   指定短期入所

 
 

おススメ予想問題集

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

『八訂基本テキスト』完全対応!ケアマネ試験 法改正と完全予想模試 ’19年版 [ コンデックス情報研究所 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/6/23時点)

楽天で購入

 
 
 
 
 

おススメYoutube動画解説


“ケアマネ試験2019(令和1)年度 【共生型居宅サービス】独学で合格過去問「平成30年介護支援分野問題9」解説” への1件の返信

  1. ピンバック: ケアマネ試験-介護支援分野の過去問全掲載-(第22回~第17回) | 介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です