ケアマネ試験2019(令和1)年度 【地域密着型サービス】独学で合格過去問「平成30年介護支援分野問題8」解説


ケアマネ試験2019(令和1)年度 【地域密着型サービス】独学で合格過去問「平成30年介護支援分野問題8」解説


問題8 地域密着型サービスについて正しいものはどれか。3つ選べ。

1 看護小規模多機能型居宅介護は、市町村長が行う公募指定の対象である。
2 指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所は、夜間・深夜に限り、同一敷地内の施設等の職員をオペレーターに充てることができる。
3 指定療養通所介護事業所の利用定員は、18人以下である。
4 指定小規模多機能型居宅介護の通いサービス及び宿泊サービスは、一時的に利用定員を超えることが認められている。
5 指定認知症対応型共同生活介護の共同生活住居については、居間と食堂を同一の場所とすることができない。

 
 
 
 
 

正解は1、3、4
 

一口メモ

◎ 地域密着型サービスは、9種類。
  小規模多機能型居宅介護
  看護小規模多機能型居宅介護(旧複合型サービス)
  定期巡回・随時対応型訪問介護看護
  夜間対応型訪問介護
  地域密着型通所介護
  認知症対応型通所介護
  認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
  地域密着型特定施設入居者生活介護
  地域密着型介護老人福祉施設
◎ 権限は、市町村。
◎ 基準は、市町村条例。
◎ 公募指定のサービスは3種類。
   小規模多機能型居宅介護
   看護小規模多機能型居宅介護
   定期巡回・随時対応型訪問介護看護
◎ 公募規定の基準は、国が定める。
◎ 指定有効期間は、6年。
◎ 定期巡回・随時対応型訪問介護看護のオペーレーター
   同一敷地内の施設等職員が兼務できる
◎ オペレーターの資格要件
    医師
    保健師
    看護師(准看含む)
    社会福祉士
    介護支援専門員
    介護福祉士
◎ 療養通所介護の定員18名以下になりました(2018年改正)
◎ 小規模多機能型居宅介護の定員は、29人以下。
  通いサービス定員は登録定員の2分の1から18名まで。
  宿泊サービス定員は通い定員の3分の1から9名まで。

覚えておくべきキーワード

小規模多機能型居宅介護
看護小規模多機能型居宅介護
定期巡回・随時対応型訪問介護看護

地密サービス 公募指定対象3
 1:小規模多機能型居宅介護
 2:定期巡回・随時対応型訪問介護看護
 3:看護小規模多機能型居宅介護

定期巡回・随時対応型訪問介護看護 オペレータ
 医師、保健師、看護師(准看)、社会福祉士、
 介護支援専門員、介護福祉士
 ※一定条件クリア→経験1年以上サ責

療養通所介護 利用定員
 18名以下

療養通所介護 管理者
 看護師(訪問看護経験有)

療養通所介護 利用対象者
 がん末期、難病等 中重度者

小規模多機能型居宅介護 登録定員
 29名以下

小規模多機能型居宅介護 通い定員
 登録定員2分の1〜18名

小規模多機能型居宅介護 宿泊定員
 通い定員3分の1〜9名

小規模多機能型居宅介護 定員超過
 一時的OK(期間、理由→記録記載)

GH 共同生活住居内 居間、食堂
 同一場所OK

 
 

おススメ予想問題集

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

『八訂基本テキスト』完全対応!ケアマネ試験 法改正と完全予想模試 ’19年版 [ コンデックス情報研究所 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/6/23時点)

 
 
 
 
 

おススメYoutube動画解説


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です