介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

介護福祉士とケアマネ試験は、1年に1回。そのチャンスを逃さないために独学で一発合格した私(oyakodako)が「試験合格のための勉強方法」をお伝えします。

ケアマネ試験2019(第22回)一発合格「介護支援分野」独学勉強方法~過去問分析~


スポンサーリンク

過去問分析 介護支援分野

まずは過去問を分析してどんな問題が今までに出題されているのかを知ることができます。

過去5年分の介護支援分野の過去問を掲載します。それぞれの問題をクリックすると問題と解説のページに移動します。

ケアマネ試験2018(平成30)年(第21回)介護支援分野

問題1問題2問題3問題4問題5
問題6問題7問題8問題9問題10
問題11問題12問題13問題14問題15
問題16問題17問題18問題19問題20
問題21問題22問題23問題24問題25

ケアマネ試験2017(平成29)年(第20回)介護支援分野

問題1問題2問題3問題4問題5
問題6問題7問題8問題9問題10
問題11問題12問題13問題14問題15
問題16問題17問題18問題19問題20
問題21問題22問題23問題24問題25

ケアマネ試験2016(平成28)年(第19回)介護支援分野

問題1問題2問題3問題4問題5
問題6問題7問題8問題9問題10
問題11問題12問題13問題14問題15
問題16問題17問題18問題19問題20
問題21問題22問題23問題24問題25

ケアマネ試験2015(平成27)年(第18回)介護支援分野

問題1問題2問題3問題4問題5
問題6問題7問題8問題9問題10
問題11問題12問題13問題14問題15
問題16問題17問題18問題19問題20
問題21問題22問題23問題24問題25

ケアマネ試験2014(平成26)年(第17回)介護支援分野

問題1問題2問題3問題4問題5
問題6問題7問題8問題9問題10
問題11問題12問題13問題14問題15
問題16問題17問題18問題19問題20
問題21問題22問題23問題24問題25

ケアマネ試験2019(第22回)一発合格

「介護支援分野」独学勉強方法

「保健医療サービス分野」独学勉強方法

「福祉サービス分野」独学勉強方法

介護支援分野 頻出問題

2018年から2014年分の問題文(設問)を問題1から問題25まで全5年分を表しました。どんな問題がどのように出題され、こんな問題は一切出ないということも一目瞭然です。活用してください。

問題1

2018年介護保険法第1条(目的)に規定されている文言として正しいものはどれか。
2017年「国民の努力及び義務」として介護保険法第4条に規定されているものはどれか。
2016年介護保険法第1条又は第2条に規定されている文言はどれか。
2015年介護保険法に定める保健福祉事業として正しいものはどれか。
2014年市町村介護保険事業計画について正しいものはどれか。

問題2

2018年認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の7つの柱として正しいものはどれか。
2017年介護保険の保険給付について正しいものはどれか。
2016年介護保険法第8条に規定されている居宅介護支援の内容として正しいものはどれか。
2015年介護保険法における介護支援専門員の義務として正しいものはどれか。
2014年介護サービス情報の公表制度について正しいものはどれか。

問題3

2018年介護医療院について正しいものはどれか。
2017年2014(平成26)年の介護保険制度の改正内容として正しいものはどれか。
2016年地域包括支援センターについて正しいものはどれか。
2015年指定介護老人福祉施設について正しいものはどれか。
2014年財政安定化基金について正しいものはどれか。

問題4

2018年介護保険制度における国又は地方公共団体の事務又は責務として正しいものはどれか。
2017年介護保険の第2号被保険者について正しいものはどれか。
2016年包括的支援事業のうち、地域包括支援センター以外に委託できる事業として正しいものはどれか。
2015年一般介護予防事業の種類として正しいものはどれか。
2014年介護保険法における審査請求について正しいものはどれか。

問題5

2018年介護保険の被保険者資格について正しいものはどれか。
2017年介護保険の保険給付について正しいものはどれか。
2016年介護保険法における審査請求について正しいものはどれか。
2015年介護予防・日常生活支援総合事業について正しいものはどれか。
2014年介護保険財政について正しいものはどれか。

問題6

2018年介護保険の保険給付について正しいものはどれか。
2017年要介護状態区分によって指定居宅介護支援及び指定居宅サービスに要する費用の額が異なるものはどれか。
2016年住所地特例について正しいものはどれか。
2015年包括的支援事業の事業として正しいものはどれか。
2014年地域密着型介護予防サービスについて正しいものはどれか。

問題7

2018年支給限度基準額について正しいものはどれか。
2017年高額介護サービス費の支給について正しいものはどれか。
2016年地域包括支援センターの業務として正しいものはどれか。
2015年介護サービス情報の公表制度について正しいものはどれか。
2014年指定居宅サービス事業の基準について正しいものはどれか。

問題8

2018年地域密着型サービスについて正しいものはどれか。
2017年指定居宅介護支援事業について正しいものはどれか。
2016年社会福祉法人による利用者負担額軽減制度の対象となる居宅介護サービスとして正しいものはどれか。
2015年国民健康保険団体連合会の業務について正しいものはどれか。
2014年基準該当サービスについて正しいものはどれか。

問題9

2018年共生型居宅サービスについて正しいものはどれか。
2017年指定居宅介護支援事業者の指定を取り消し、又は効力を停止することができる事由として正しいものはどれか。
2016年居宅サービスについて正しいものはどれか。
2015年介護保険法における消滅時効について正しいものはどれか。
2014年介護保険の利用者負担に係る低所得者対策について正しいものはどれか。

問題10

2018年第1号被保険者の保険料の普通徴収について正しいものはどれか。
2017年指定介護予防支援事業者について正しいものはどれか。
2016年介護保険施設について正しいものはどれか。
2015年介護保険法において市町村の条例で定めるものはどれか。
2014年介護給付の種類として正しいものはどれか。

問題11

2018年介護給付に要する費用に係る公費負担について正しいものはどれか。
2017年指定介護予防支援事業者について正しいものはどれか。
2016年地域ケア会議の機能として正しいものはどれか。
2015年介護保険に関する市町村の事務として正しいものはどれか。
2014年保険給付について正しいものはどれか。

問題12

2018年財政安定化基金について正しいものはどれか。
2017年介護保険法上、市町村介護保険事業計画に定めるべき事項として正しいものはどれか。
2016年介護保険の被保険者について正しいものはどれか。
2015年介護保険給付が優先するものについて正しいものはどれか。
2014年区分支給限度基準額が適用されるサービスとして正しいものはどれか。

問題13

2018年地域支援事業の在宅医療・介護連携推進事業として市町村が実施することとされているものはどれか。
2017年第1号被保険者のうち、特別の事情があると認められない保険料滞納者への措置として正しいものはどれか。
2016年指定地域密着型サービス事業者について正しいものはどれか。
2015年介護保険制度の利用者負担について正しいものはどれか。
2014年要介護認定について正しいものはどれか。

問題14

2018年介護サービス情報の公表制度において、介護サービスの提供開始時に都道府県知事へ報告すべき情報として規定されているものはどれか。
2017年介護保険審査会への審査請求が認められるものとして正しいものはどれか。
2016年 要介護認定、要支援認定の有効期間について正しいものはどれか。
2015年 包括的支援事業の事業として正しいものはどれか。
2014年要介護認定の認定調査票(基本調査)について正しいものはどれか。

問題15

2018年介護保険法で定める国民健康保険団体連合会が行う業務として正しいものはどれか。
2017年居宅サービス計画原案の作成について適切なものはどれか。
2016年要介護認定の広域的実施の目的として適切なものはどれか。
2015年社会保険診療報酬支払基金の介護保険関係業務として正しいものはどれか。
2014年要介護認定等基準時間の算定方法について正しいものはどれか。

問題16

2018年 指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準(平成11年厚生省令第38号)第1条の2の基本方針に定められている事項として正しいものはどれか。
2017年 居宅サービス計画原案の作成について適切なものはどれか。
2016年 要介護認定に係る主治医意見書における「医学的管理の必要性」の項目として正しいものはどれか。
2015年 要介護認定について正しいものはどれか。
2014年 要介護認定について正しいものはどれか。

問題17

2018年指定居宅介護支援における居宅サービス計画の作成について正しいものはどれか。
2017年居宅サービス計画作成について適切なものはどれか。
2016年要介護認定に係る主治医意見書における「サービス提供時における医学的観点からの留意事項」の項目として正しいものはどれか。
2015年要介護認定における認定調査票の基本調査項目として正しいものはどれか。
2014年介護支援専門員の業務について適切なものはどれか。

問題18

2018年指定介護予防支援事業者の担当職員の業務として正しいものはどれか。
2017年居宅サービス計画作成について適切なものはどれか。
2016年介護予防の基本チェックリストの質問項目として正しいものはどれか。
2015年要介護認定における主治医意見書の項目として正しいものはどれか。
2014年ケアマネジメントについて適切なものはどれか。

問題19

2018年指定介護老人福祉施設における身体拘束等(身体拘束その他入所者の行動を制限する行為)の取り扱いについて正しいものはどれか。
2017年指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準(平成11年厚生省令第38号)で定める基本方針に示されている内容として正しいものはどれか。
2016年居宅介護支援におけるモニタリングについて正しいものはどれか。
2015年介護支援専門員が指定居宅サービス事業者に対して提出を求めるものとされている個別サービス計画として正しいものはどれか。
2014年介護予防サービス計画の作成に関する基準について正しいものはどれか。

問題20

2018年要介護認定について正しいものはどれか。
2017年生活支援体制整備事業において生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の機能として規定されている内容について正しいものはどれか。
2016年介護予防サービス・支援計画書作成におけるアセスメント領域として正しいものはどれか。
2015年医師が行う指定居宅療養管理指導の具体的取扱方針として正しいものはどれか。
2014年介護予防支援のためのサービス担当者会議に関する基準について正しいものはどれか。

問題21

2018年要介護認定について正しいものはどれか。
2017年指定居宅介護支援事業者に対し地域ケア会議から求めがあったときの協力について、指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準(平成11年厚生省令第38号)に規定されている事項として正しいものはどれか。
2016年指定介護老人福祉施設の施設サービス計画について正しいものはどれか。
2015年利用定員が10人を超える指定通所介護事業者が置かなければならない従業者として正しいものはどれか。
2014年施設サービス計画の課題分析について、より適切ものはどれか。

問題22

2018年介護認定審査会について正しいものはどれか。
2017年指定介護老人福祉施設について正しいものはどれか。
2016年指定介護老人福祉施設について正しいものはどれか。
2015年介護予防支援事業について正しいものはどれか。
2014年居宅介護支援における介護支援専門員の業務について正しいものはどれか。

問題23

2018年介護保険と他制度との関係について正しいものはどれか。
2017年要介護認定について正しいものはどれか。
2016年居宅介護支援のアセスメントについて正しいものはどれか。
2015年居宅サービス計画の実施状況の把握(以下「モニタリング」という。)について正しいものはどれか。
2014年 介護保険施設について正しいものはどれか。

問題24

2018年Aさん(85歳、女性)は大腿骨頸部骨折の手術を受け、近々退院予定である。自力での排泄や移動にはやや困難が伴い、要介護2の認定を受けた。本人も同居している息子夫婦も、在宅生活を望んでいる。息子夫婦はお互いに協力して自宅で介護を行うつもりである。介護保険のサービス利用について相談があったが、介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。
2017年介護認定審査会について正しいものはどれ。
2016年居宅介護支援の開始について適切なものはどれか。
2015年一人暮らしのAさん(80歳、女性)は、身寄りがなく、要介護1で訪問介護を利用している。最近、訪問介護員に対して怒りっぽくなり、以前に比べて身支度に無頓着になってくるなど、認知症が疑われる状況となってきた。
介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。
2014年腰痛の持病のある一人暮らしのYさん(75歳、女性)が、つまづいた拍子にさらに腰を痛めて動けなくなった。要介護2の認定を受け、当初は週5回訪問介護を利用していた。その後要介護度が改善し、家事は相当程度行えるようになったが、訪問介護員の火事に頼り、訪問介護員との会話を楽しみにしている。このため、訪問介護の回数を減らすことに納得しない。介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。

問題25

2018年Aさん(80歳、女性、変形性膝関節症、要介護1)は、週2回介護保険の訪問介護で買い物と掃除を利用し、一人暮らしをしていたが、息子が来月から同居することになった。Aさんは「息子は精神的に弱い面があり、仕事をしながら私の世話をするのは無理だ」と言って、現在利用している訪問介護の継続を希望している。介護支援専門員の当面の対応として、より適切なものはどれか。
2017年飼い犬の世話ができなくなった一人暮らしの利用者から、保険給付として飼い犬の世話をしてもらえないかと訪問介護員に相談があった。その報告を受けた訪問介護事業所は、利用者にとって必要なサービスなので実施したいと介護支援専門員に相談した。介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。
2016年大地震があり、自分が担当する認知症の利用者及びその家族と避難所で面接した。利用者は興奮気味であり、歩き回ったり、大声を出したりして、他の避難者から迷惑がられているように見えた。介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。
2015年Bさんは、要介護3であり、軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし、「妻の認知症の症状が急に重くなり、Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。
介護支援専門員の当面の対応として、より適切なものはどれか。
2014年一人暮らしのAさんは、脳梗塞を発症して入院し、現在は介護老人保健施設に入所している。右半身に麻痺が残るものの、在宅生活が可能との判断から退所が決まり、担当することにはなった居宅介護支援事業所に相談が入った。Aさんのこれからの在宅生活を考えるに当たり、居宅介護支援事業所の介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。

終わりに

投稿日:2019年2月5日 更新日:

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タイマー


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験 平成30年度(第21回)試験問題[PDF版]無料プレゼント

平成30年10月の第21回試験問題
第1問~第60問(全60問)収録(PDF)

ご希望の方はこちらからどうぞ




あなたのメールアドレスを入力して「登録」ボタンを押してください。
ブログが更新された時にメールでご連絡します。

2,240人の購読者に加わりましょう

管理人おススメの参考書&過去問題集



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。