ケアマネ資格 国家資格へ?!『国家資格化、ケアマネの8割が賛成』という記事が気になった。


『国家資格化、ケアマネの8割が賛成』という記事が気になった。

高齢者介護の世界では、ナンバー1の資格として位置付けられているケアマネ資格。

国家資格と思っている人も少なくない。

そもそも介護の資格と実務経験を有しないと受験資格さえ得ることができないので、

そして、合格率の低さからも国家資格では? いえ、民間資格だったのです。

国家資格化に賛成している理由-1

① 「(ケアマネの仕事は)国家資格にふさわしいくらいの内容であるかと思う」
② 5年に1度の更新研修の廃止に期待する

この調査は、ケアマネジメント・オンラインが今月9~17日に実施。
169人からの回答。

介護支援専門員の国家資格化への賛否を尋ねた結果
 「賛成」:78%
 「どちらとも言えない」:17%
 「反対」:5% の順だった

アンケートの母数としは、169人とは少ない限りで、さらに
すでにケアマネの仕事をしている人が主ではないだろうか。

これから受験する人にとっては、国家資格だろうが民間資格だろうが
どうでも良いのでは。

国家資格化に賛成している理由-2

賛成している人に自由記載で理由を聞くと

<更新制度の廃止を期待する意見>

「看護師や理学療法士は更新がないのに、介護支援専門員は5年ごとに更新しなければならない。平等にするのなら納得できる」(神奈川、50代男性)
「更新費用だけで馬鹿にならない」(大阪、30代男性)

<ケアマネ試験の受験資格との関係性を疑問視する声>

「介護保険の中核を担うべき調整役ですし、そもそも国家資格で5年の実務経験を求めておいて、国家資格に値しない状況の方がおかしい」(新潟、30代男性)
「国家資格である基礎資格の上に成り立っている資格にもかかわらず、国家資格でないことが不思議な気もします」(埼玉、40代女性)

国家資格化で何が変わる?

もしもケアマネ資格を国家資格にしたら何が変わるのだろうか。

<「どちらとも言えない」を選んだケアマネからの回答>

「国家資格であろうがなかろうが、やることは同じ」(岐阜、40代男性)
「現段階の情報だけでは、国家資格化によるメリット、デメリットを判断しかねるため」(東京、30代男性)
「国家資格になって何が変わるかがわからないため」(大阪、50代女性)といったコメントが寄せられた。

<「反対」を選んだケアマネからの回答>

「エビデンスの不足と、主任制度のような裏付けがない不安定さがあるから(個々の力量に差があり過ぎるということです)」(埼玉、50代男性)
「こんな誰でもできる、さらに本来の仕事をしているかどうかのチェック機能のない資格を、国家資格化しても意味がない」(大阪、40代男性)など厳しい意見が出た。

まとめ

ケアマネ資格 国家資格へ?!『国家資格化、ケアマネの8割が賛成』という記事が気になった。

私も受験するときには、勉強も大変だし、ケアマネの仕事は一番大変だと思っていました。
ケアマネ資格が国家資格でないことは知っていましたが。

国家資格化に反対する人たちの意見もごもっともですね。
20年近く経っているので、今さら?の声もごもっともですね。

すでにケアマネの資格を持って仕事をしているケアマネさんの意見ではあります。
私自身も、国家資格になったからと言って仕事の内容は変わらないのかも。

とは言え、5年の更新制度により私自身は「なんちゃってケアマネ」になっています。
ケアマネ試験に合格し、研修も受講しましたが、ケアマネの仕事をせずにいるので
5年の講習を受けたいないので、「なんちゃってケアマネ」なんです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です