2018(平成30)年4月、介護報酬の改訂が行われました。
今回は、介護医療院にスポットを当て、改定内容をご紹介します。

介護医療院

元々、介護保険法では3つの施設が設定されていました。

介護福祉施設(特養)、介護保健施設(老健)、介護療養型医療施設(療養型)だった。

この介護療養型医療施設を廃止するという議論が2006年以降続けられていました。

やっとのことで生まれた新しい施設が、介護医療院です。

 
介護医療院とは、住まいと生活を医療が下支えする新しいモデルだそうだ。
地域連携ということも言われ続けていますが・・・。

PAGE TOP