介護報酬改定2018 訪問介護の生活援助への圧力


2018(平成30)年4月、介護報酬の改訂が行われました。
今回は、訪問介護にスポットを当て、改定内容をご紹介します。

訪問介護の基本報酬動向

訪問介護には、身体援助と生活援助の二つのサービスがあります。

その中で、2018(平成30)年の介護報酬改定では、

身体援助がわずかに引き上げられましたが、

生活援助は、1~2単位と微減ですが引き下げられました。

基本報酬改訂に伴うケアマネへの影響

今回の2018(平成30)年の介護報酬改定では、

ケアプランの中に生活援助が多い場合には、届出が必要となりました。

ケアマネが届出をしなければならないのです。

その届出をもとに行政や地域ケア会議などで、

自立支援や地域資源の活用の観点からケアプランの内容を検証し、

必要があれば変更しなければならないということだ。

今までにはなかったケアマネの仕事が増え、負担増となりそうだ。

ケアプラン変更の具体例

今までは、掃除全体が生活援助でできていたものが、

利用者と一緒に手助けしながら行う掃除をした時には、

自立につながる可能性が高いという判断になり、

条件次第では自立につながるものを

身体介護に変更する方向で見直しが行われる見通しだ。

終わりに

介護報酬改定2018 訪問介護の生活援助への圧力についてお話をしました。

前回の改正でも訪問介護でできないことが増えました。

ご利用者様たちは困惑しています。

今までできていたものが、できなく、やってもらえない。

介護保険法は、どちらを向いているのでしょうかね。

ご利用者が自立すれば、手伝わなくてもいいってこと?

確かに、税金を投入しているとは言え、利用者負担もあるのです。

超高齢社会に向けて、どんどんとご利用者から離れて行っている。

そのように考える日々ですが、あなたはどう思いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です