介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法

介護福祉士とケアマネ試験は、1年に1回。そのチャンスを逃さないために独学で一発合格した私(oyakodako)が「試験合格のための勉強方法」をお伝えします。

ケアマネ過去問 介護支援分野

介護支援分野 26-問15-答15  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集

投稿日:2017年7月1日 更新日:


第17回 介護支援分野 問15

第17回 問15

要介護認定等基準時間の算定方法について正しいものはどれか。2つ選べ。

1  家庭で行われる介護時間を基にする。
2 「1分間タイムスタディ・データ」による樹形モデルを用いる。
3 「特別な医療」に関する項目から求められた時間を合算する。
4 「特定疾病」に関する項目から求められた時間を合算する。
5  主治医意見書の「移動」の項に記入された時間を合算する。

スポンサーリンク



単語

要介護認定等基準時間
1分間タイムスタディ・データ
樹形モデル

要介護認定等基準時間の算定方法

直接生活介助:入浴、排泄、食事等の介護
間接生活介助:洗濯、掃除等の家事援助等
認知症の行動・心理症状関連行為:徘徊に対する探索、不潔な行為に対する後始末等
機能訓練関連行為:歩行訓練、日常生活訓練等の機能訓練
医療関連行為:輸液の管理、褥瘡の処置等の診療の補助等

ポイント:要介護認定等基準時間の算定方法

正答

正解は…2・3

1 ✖ 要介護認定等基準時間は、基本調査を用いて介護に要する手間を時間に換算したものであり、実際に家庭で行われる介護時間を基にしたものではない。
2 〇 基本調査項目のうち、直接生活介助、間接生活介助、認知症の行動・心理症状関連行為、機能訓練関連行為、医療関連行為に該当する項目ついては、樹形モデルに基づき要介護認定等基準時間が算出される。
3 〇 基本調査の特別な医療に関する項目については、項目ごとに定められた時間を合計する。
4 ✖ 要介護認定等基準時間の算定には、特定疾病に関する項目は含まれない。
5 ✖ 要介護認定等基準時間の算定には、主治医意見書の「移動」の項目は用いられない。

スポンサーリンク



-ケアマネ過去問 介護支援分野

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題14」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」 平成27年問題14 地域支援事業 包括的支援事業の事業として正しいものはどれか。3つ選べ。 1 地域包括ケアシステム活動支援 …

介護支援分野 26-問22-答22  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集

目次1 第17回 介護支援分野 問222 単語3 正答 第17回 介護支援分野 問22 第17回 問22 居宅介護支援における介護支援専門員の業務について正しいものはどれか。2つ選べ。 1 施設サービ …

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成27年問題16」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」 平成27年問題16 認定 要介護認定について正しいものはどれか。3つ選べ。 1 要介護認定等基準時間には,排徊に対する探索が含 …

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成29年問題10」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」 平成29年問題10 介護予防支援事業者 指定介護予防支援事業者について正しいものはどれか。2つ選べ。 1 管理者は他の職務に従 …

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「平成28年問題15」

ケアマネ試験対策2018(平成30)年度 過去問セミナー「介護支援分野」 平成28年問題15 認定 要介護認定の広域的実施の目的として適切なものはどれか。3つ選べ。 1 第2号被保険者の保険料の統一 …

タイマー


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー

ケアマネ試験 平成30年度(第21回)試験問題[PDF版]無料プレゼント

平成30年10月の第21回試験問題
第1問~第60問(全60問)収録(PDF)

ご希望の方はこちらからどうぞ




あなたのメールアドレスを入力して「登録」ボタンを押してください。
ブログが更新された時にメールでご連絡します。

2,240人の購読者に加わりましょう

管理人おススメの参考書&過去問題集



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。