第17回 介護支援分野 問17

第17回 問17

介護支援専門員の業務について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 必要に応じて再課題分析を行う。
2 サービスの種類、内容及び頻度を最終的に決定する。
3 サービス担当者会議を主宰する。
4 居宅介護サービス事業者からも情報を得て、モニタリングを行う。
5 要介護度の変化があれば、認定調査員に再調査を依頼する。

スポンサーリンク



単語

介護支援専門員の業務
再課題分析
サービスの種類
サービス担当者会議
モニタリング
再調査

ポイント:介護支援専門員の業務

正答

正解は…1・3・4

1 〇 介護支援専門員は、モニタリングの結果、利用者の解決すべき課題に変化が認められる場合には、再課題分析を行うものと規定されている。よって、再課題分析は「必要に応じて」行うこととなる。この選択肢は、「課題分析」ではなく「再課題分析」についての問題であることに注意が必要である。
2 ✖ 居宅サービス計画に位置付けるサービス等の選択は、利用者自身が行うものとされている。
3 〇 サービス担当者会議は、介護支援専門員が開催することとされている。
4 〇 介護支援専門員は、指定居宅サービス事業者等との連携を継続的に図り、モニタリングを行うものとされている。
5 ✖ 記述のような規定はない。要介護度の変化があった場合には、被保険者の意思を踏まえ、区分変更の申請を行う等、必要な援助を行うこととされている。

スポンサーリンク



PAGE TOP