介護支援分野 26-問22-答22  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集

The following two tabs change content below.
アバター
介護福祉士・社会福祉士・ケアマネ試験に一発合格した私(oyakodako)が試験合格への必勝法をお教えします!

第17回 介護支援分野 問22

第17回 問22

居宅介護支援における介護支援専門員の業務について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 施設サービス計画の居宅サービス計画は、医療職の介護支援専門員が作成する。
2 利用者の価値観を尊重する。
3 利用料の説明については、各サービス事業者に任せる。
4 利用者から介護施設への入所希望があったときは、保険者へ依頼する。
5 課題分析は、他に委託することができない。

スポンサーリンク



単語

介護支援専門員の業務
施設サービス計画
利用料の説明
介護施設への入所希望
課題分析

ポイント:介護支援専門員の業務

正答

正解は…2・5

1 ✖ 記述のような規定はない。在宅ターミナル期の居宅サービス計画は、医療職の介護支援専門員でなくても作成は可能である。
2 〇 居宅サービス計画は、利用者の希望を尊重して作成されなければならない。
3 ✖ 介護支援専門員は、利用者によるサービスの選択に資するよう、利用料等の情報を適正に利用者又はその家族に対して提供することとされている。
4 ✖ 介護支援専門員は、利用者から介護保険施設への入院または入所の希望があった場合には、介護保険施設への紹介その他の便宜の提供を行うこととされている。保険者へ依頼するわけではない。
5 〇 課題分析は、居宅サービス計画作成において、介護支援専門員が行わなければならない業務であり、他に委託することはできない。

スポンサーリンク



Follow me!

One Reply to “介護支援分野 26-問22-答22  平成26年度(第17回)ケアマネ試験問題集”

ケアマネ試験 2014(平成26)年度 第17回過去問題と解説~介護支援分野~ | | 介護福祉士とケアマネ試験 一発合格独学勉強方法 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です