この記事を読むと分かること

  • ケアマネ試験-平成27年度(第18回)介護支援分野「問1」の過去問が分かる
  • ケアマネ試験-平成27年度(第18回)介護支援分野「問1」の過去問の正答が分かる
  • ケアマネ試験-『介護保険法に定める保健福祉事業とは?』が分かる
  • 平成27年度(第18回) 介護支援分野

    問1

    介護保険法に定める保健福祉事業として正しいものはどれか。3つ選べ。

    1 指定居宅介護支援の事業
    2 介護保険施設の運営事業
    3 日常生活自立支援事業
    4 指定地域相談支援事業
    5 要介護被保険者を現に介護する者の支援のために必要な事業

    解答

    正解は…1・2・5
    1 介護保険法に規定されている事業である。(法第8条第23項)
    2 介護保険法に規定されている事業である。(法第8条第24項)
    3 社会福祉法に規定されている事業である。(社会福祉法第2条第3項)
    4 障害者総合支援法に規定されている事業である。
    5 記述は、地域支援事業の任意事業である「家族介護支援事業」を指している。地域支援事業は、介護保険法に基づき実施される事業である。(法第115条の45第3項)

    参考

    介護保険法に定める保健福祉事業とは?
    第1号保険料を財源に市町村が独自に条例で定めて実施するサービスです。
    要介護・要支援認定者だけではなく被保険者全体を対象として行われるものです。

    介護保険法
    第175条
    市町村は、要介護被保険者を現に介護する者等(以下この条において「介護者等」という。)に対する介護方法の指導その他の介護者等の支援のために必要な事業、被保険者が要介護状態となることを予防するために必要な事業、指定居宅サービス及ぴ指定居宅介護支援の事業並ぴに介護保険施設の運営その他の保険給付のために必要な事業、被保険者が利用する介護給付等対象サービス等のための費用に係る資金の貸付けその他の必要な事業を行うことができる。

    問2へ

    PAGE TOP