ケアマネ試験 独学で合格するための介護支援分野第18回過去問-14


平成27年度(第18回) 介護支援分野

問14

包括的支援事業の事業として正しいものはどれか。3つ選べ。

1 地域包括ケアシステム活動支援
2 在宅医療・介護連携推進
3 地域介護予防活動支援
4 認知症総合支援
5 生活支援体制整備

解答

正解は…2・4・5
1 × 地域支援事業に位置付けのない事業である。
2 〇 平成26年改正に伴い地域支援事業の包括的支援事業に、
新たに加えられた事業である。
3 × 地域支援事業のうち、介護予防・日常生活支援総合事業の
一般介護予防事業に位置付けられている事業である。
4 〇 平成26年改正に伴い地域支援事業の包括的支援事業に、
新たに加えられた事業である。
5 〇 平成26年改正に伴い地域支援事業の包括的支援事業に、
新たに加えられた事業である。

参考

包括的支援事業の事業とは?

地域のケアマネジメントを総合的に行うために、
・介護予防ケアマネジメント
・総合相談や支援
・権利擁護事業
・ケアマネジメント支援などが実践

この事業は、地域包括支援センターが
市町村から一括して委託を受けて実施します。
地域支援事業とは、市町村が、
1 介護予防事業
2 包括的支援事業
3 任意事業の3つの事業を行っている

対象は、要支援認定や要介護認定のついていない、第1号被保険者

市町村は「包括的支援事業」を、地域包括支援センターへ委託することが出来る。

地域包括支援センターには、
保健師、主任介護支援専門員、社会福祉士が必置

包括的支援事業のうち、
介護予防マネジメント:保健師
総合相談支援事業:社会福祉士
権利擁護:社会福祉士
包括的・継続的ケアマネジメント:主任介護支援専門員

問15へ

“ケアマネ試験 独学で合格するための介護支援分野第18回過去問-14” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です