ケアマネ試験 独学で合格するための介護支援分野第18回過去問-25


平成27年度(第18回) 介護支援分野

問25

Bさんは、要介護3であり、軽度の認知症の妻による介護を受けながら二人で暮らしていた。しかし、「妻の認知症の症状が急に重くなり、Bさんの介護は困難になったようだ。」と訪問介護事業所のサービス提供責任者から連絡があった。
介護支援専門員の当面の対応として、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 サービス担当者会議を開催し、対応を協議した。
2 地域包括支援センターに相談した。
3 妻の医療保護入院の手続きをした。
4 妻の成年後見について家庭裁判所に相談した。
5 状況を把握するために速やかに訪問した。

解答

正解は…1・2・5
1 〇 利用者の状況の変化等が見られた際に、サービス従事者を招集し
サービス担当者会議にて対応を協議するのは適切である。
2 〇 困難事例など、介護支援専門員が自らの判断を迷う際等には、
地域包括支援センターからの助言を受けることも必要である。
3 ✖ 事例の文章からは、妻は医療保護入院をさせるような状況にはなく、
介護支援専門員が手続きを行うことができるものでもない。
4 ✖ 今後、成年後見制度の活用等も視野に入れて支援を行わなければならない可能性はあるが、
まずは現時点での課題を優先すべきである。
5 〇 まずは、介護支援専門員が直接訪問して状況確認を行うことが重要であり、
適切な対応である。

参考

介護支援専門員の対応とは?

介護支援専門員の倫理綱領

1 自立支援
2 利用者の権利擁護
3 専門的知識と技術の向上
4 公正・中立な立場の堅持
5 社会的信頼の確立
6 秘密保持
7 法令遵守
8 説明責任
9 苦情への対応
10 他の専門職との連携
11 地域包括ケアの推進
12 より良い社会づくりへの貢献

問26へ

“ケアマネ試験 独学で合格するための介護支援分野第18回過去問-25” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です